ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ポケモンGO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポケモンGO」に関する情報が集まったページです。

サービス開始から4年で上場 トリリンガルラッパーCEOの「トップに食い込む交渉力」
トリリンガルラッパーの「日華」として活躍後、INFORICHを創業した秋山広宣CEO。2018年からスタートしたモバイルバッテリーのシェアリング事業ChargeSPOTの成功によって、22年12月に上場を果たしている。短期間で資金調達と事業拡大を果たせた背景には、秋山CEOの交渉力があった。(2024/2/16)

もしも月が地球と衝突したなら…… “3000万再生”突破の海外CG作品がリアルすぎてゾッとする
牛さんが浮いてる……!(2024/2/3)

「かこって検索」、Pixel 8/8 Proで利用可能に
Googleの「Pixel 8」および「Pixel 8 Pro」でも「かこって検索」機能が使えるようになった。画面上で知りたい画像やテキストを指で囲むと、囲んだものについての検索結果が表示される。(2024/2/1)

400万本売れた「パルワールド」早速プレイした 没頭するほど面白いのに、心の底から“申し訳なさ”を感じた理由
とりあえず25時間遊んでみた。(2024/1/22)

ふぉーんなハナシ:
「ビックリマン」がスマホアプリで登場、シールの収集も可能……それと同時によみがえった少年時代の“苦い思い出”
マーベラスが、2024年にビックリマンのスマホアプリ「ビックリマン・ワンダーコレクション」をリリースする。全てオリジナルストーリーが展開され、ゲームオリジナルのキャラクターも登場するとのこと。パーティーを使ったバトルが楽しめることも明かされている。(2024/1/20)

自動運転技術:
ソニー・ホンダモビリティが模索する新たなモビリティの価値とは
ソニーグループは2024年1月8日(現地時間)、同年1月9日から開催される「CES 2024」に先立ってプレスカンファレンスを実施し、ホンダとの共同出資会社ソニー・ホンダモビリティの自動運転EV「AFEELA」の開発状況などを紹介した。(2024/1/10)

今日のリサーチ:
日本のコンテンツ(映画、アニメ、ゲームなど)の海外市場規模は4兆6882億円、最も売り上げの大きい分野は?
ヒューマンメディアが2022年における日本の映画、テレビ番組、アニメ、家庭用ゲーム、スマホ・PCオンラインゲーム、出版(漫画)コンテンツの海外での売り上げを算出した結果です。(2024/1/6)

Mobile Monthly Top10:
EU指令で「バッテリー交換」が義務化 メリットとデメリットってどう?【2023年を振り返る(8月編)】
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。8月はEUにおいてスマートフォンなどバッテリー内蔵デバイスにおいて「バッテリー交換可能な構造」を義務化されることが決まったことに関する考察記事がよく読まれました。(2023/12/27)

「肩に掛けるこたつ」は寒空の下でスマホを使うのに最適だった
電熱ヒーターを内蔵し、両サイドから手を突っ込むポーチ型の「USBハンドウォーマー」を購入したので使い勝手を報告します。(2023/12/25)

MVNOに聞く:
日本通信が“安すぎる”30GBプラン提供に踏み切った背景 福田社長「反響すごかった」
日本通信が月額2178円の「合理的30GBプラン」を提供開始した。30GBのデータ容量と1カ月間合計で70分間の無料通話をセットにしたプランで、1回5分の音声通話定額を選択することも可能。今回の料金プラン改定や、あえて大容量のユーザーにキャリアを勧めた狙いはどこにあったのか。福田社長に聞いた。(2023/12/20)

JR東海ともコラボ:
シブサワ・コウ明かす『信長の野望』位置情報ゲーム進出の狙い
シブサワ・コウことコーエーテクモホールディングスの襟川陽一社長、『信長の野望 出陣』の開発プロデューサー、「信長の野望」シリーズのIPプロデューサーの3人に位置情報ゲーム進出の狙いを聞いた。(2023/12/14)

「ポケモンスリープ」で睡眠時間が26分増えた LINEヤフー、ビッグデータ分析結果を公表
LINEヤフーは13日、睡眠ゲームアプリ「ポケモンスリープ」のプレイヤーは、サービス開始後に睡眠時間が平均26分増えたとするリポートを発表した。(2023/12/13)

ポケモンGOの浅草イベントが楽しい 「巨大絵巻」に人力車ならぬ「カイリキー車」も 現地の盛り上がりは?
東京・浅草で、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」のリアルイベントが12月10日まで開催されています。ゲーム内の“公式ルート”を辿ると、浅草観光も満喫できるようなイベントでした。(2023/12/2)

「ポケモンGO」が浅草とコラボ 浮世絵風ポケモンが浅草をジャック!
ポケモンGO内の浅草エリアにはマップ風絵巻に描かれたポケモンが登場します。(2023/11/24)

ポケモンGOで“浅草イベント”25日から 現地では既に限定ポケストップ出現 ギフトも
25日から「『ポケモン GO』 浅草ルート八景」イベントが開催されますが、現地を訪ねたところ、既に限定ポケストップが出現していました。(2023/11/22)

ポストサードパーティーCookie時代の新たな選択肢:
リアル店舗向けリテールメディア「AdCoinz」、既存のDOOH(デジタル屋外広告)との違いは?
リアル店舗の価値最大化に向けて小売業支援を行うLMIグループが新たに広告事業に参入。新たなリテールメディアが消費者と広告主、店舗(ロケーションオーナー)にもたらす価値とはどのようなものか。(2023/11/17)

生成AIはキャラに命を吹き込む──米NianticのARゲーム「ペリドット」進化 Meta「Llama 2」活用
米Nianticは15日、バーチャルペット育成ゲーム「Peridot(ペリドット)」を生成AIを使ってアップデートしたと発表した。「AIは、デジタルのキャラクターに命を吹きむこともできる」としている。(2023/11/16)

エンタメ×ビジネスを科学する:
「ゼルダ」実写化に見る、任天堂IP戦略の“理想像”とは
任天堂が『ゼルダの伝説』を実写映画化する。最近ゲーム以外へのIP活用の動きが目立つ任天堂だが、そこにはある「理想像」があるはずだ。(2023/11/16)

『ドラゴンクエスト』位置情報ゲーム、リアルイベントも好調なワケ スクエニに聞いた
『ドラゴンクエスト』位置情報ゲームのリアルウォーキングイベントが盛況だ。ゲームを運営するスクウェア・エニックスは、なぜリアル開催にこだわったのか。同社の柴貴正プロデューサーに開催の経緯を聞いた。(2023/11/12)

吉野家、ポケモンGOの公式スポンサーを年内で終了
吉野家が、位置情報ゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」の公式スポンサーを2023年12月31日に終了する。ポケストップとジムは、2024年1月1日以降、ゲームから消去される。吉野家は、2020年10月20日からポケモンGOのオフィシャルパートナーになっている。(2023/10/30)

吉野家、ポケモンGOから撤退 ポケストップ・ジムは年内で終了
吉野家が「Pokemon GO」から撤退へ。「ポケストップ」「ジム」は、2024年1月1日にゲーム内から消去される。(2023/10/30)

「ポケモンGO」に最大4人のパーティプレイ機能 レイドではゲージ技の威力が2倍に
ポケモンGOに最大4人までのフレンドと協力できるパーティープレイ機能「チームコラボ」が登場。レイドバトルではスペシャルアタックの威力が2倍に。(2023/10/17)

スマホが熱くなった! 水道水で冷やしても問題ない?【2023年版】
もうすぐ10月というのに、日中は暑い日が続いています。スマホも熱くなりがちですが、水道水で冷やすのはいいことなのでしょうか……?(2023/9/28)

50歳の「PUFFY」大貫亜美、デビュー時と変わらぬ姿へ“奇跡”の声 「信じられない」「永遠の23歳」
27年変わってない。(2023/9/22)

「モンハンナウ」配信開始で“リアル狩猟”解禁 βテストで要望の多かったマイセット機能など追加
米Nianticとカプコンは9月14日、AR位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」(iOS、Android)の配信を始めた。「今までにないモンスターハンター」という。(2023/9/14)

試行錯誤:
「モンハン×位置ゲーム」 “ひと狩り75秒”に込めた意図
米Nianticは9月14日、「Monster Hunter Now」を正式リリースした。同作はどのような経緯で開発されたのか。チーフプロダクトオフィサーの河合敬一氏と、シニアディレクターの野村達雄氏に聞いた。(2023/9/14)

ポケモンGOで南半球限定だった「テッカグヤ」日本のレイドに初登場 8日から
ポケモンGOの伝説レイドバトルに「テッカグヤ」が日本で初めて出現します。(2023/9/7)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(4):
デジタルモノづくりで試作回数を削減し、サステナブルな未来へ踏み出そう
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第4回のテーマは、試作回数の削減に効果を発揮するデジタルモノづくりだ。(2023/9/5)

Mobile Weekly Top10:
スマホの料金プランの「値上げ」が相次いでいる? 「セット割」への誘導も
Y!mobileが新料金プラン「シンプル2」を発表しました。一見すると“値上げ”なのですが、他のサービスとのセット割を適用すると従来プランとほぼ同額になるという立て付けです。今後は、そのようなプランが増えるのでしょうか……?(2023/9/2)

ポケモンGOにパルデア地方のポケモン登場 「ニャオハ」「ホゲータ」「クワッス」など9月中に21種
ポケモンGOに9月5日からパルデア地方のポケモンが登場します。9月中に計21種が実装される見込みです。(2023/8/31)

iPhoneで「通知はないのにバイブだけ鳴る」“ゴーストバイブ”の報告が相次ぐ 原因はあのアプリ? 対処方法は
いわゆる“ゴーストバイブ”はインストールしているどれかのアプリが不具合を起こしている可能性が高く、原因を切り分けて対処する必要がある。(2023/8/31)

ポケモンGOで「GOバトルリーグ:冒険の日々」が9月2日開幕 新わざ追加、有名わざの弱体化も
ポケモンGOの対人戦「GOバトルリーグ」の新シーズン「冒険の日々」が9月2日に開幕する。10月7日と8日の2日間は「GOバトルウィークエンド」として、1日100回戦える。「くさわけ」「ねっさのだいち」「トリプルアクセル」といった新わざも実装される。(2023/8/31)

「ポケモンGO」でパルデア地方のポケモンが登場 2つの新イベント、色違い実装も
ポケモンGOにて9月から新シーズン「冒険の日々」が開幕。パルデア地方のポケモンが登場する。「Pokemon GO Fest 2023」でのボーナスとして、新イベント「パルデアの冒険」と「ウルトラアンロック:パルデア」も開催する。(2023/8/30)

Mobile Weekly Top10:
EUが「スマホのバッテリー交換対応」を義務化 本当に消費者のためになるのか?
EU(欧州連合)が、2027年以降に同連合の圏内で発売するバッテリー内蔵デバイスに対して「バッテリーを簡単に交換できる設計とすること」を義務化します。ユーザーの「修理する権利」を重視する観点から法令化されたのだが、本当にいいことなのでしょうか……?(2023/8/26)

「Pokemon GO Fest 2023:グローバル」で後悔しないための準備まとめ スマホや回線を万全にすべし
ポケモンGOの大規模イベント「Pokemon GO Fest 2023:グローバル(GOフェス)」が8月26日〜27日(日本時間10時〜18時)に開催される。外出先で参加するのなら、スマホ熱中症にならないよう注意したい。モバイル回線も万が一に備えて整備しておきたい。(2023/8/24)

「Pokemon GO Fest 2023:グローバル」のイベント内容まとめ 無料でも見どころ満載
「Pokemon GO Fest 2023:グローバル」を8月26日〜27日(日本時間10時〜18時)に開催される。チケットを購入すれば、幻のポケモンのディアンシーに出会える。無料のイベントでも、特別な冠をかぶったピカチュウに加え、レアなポケモンも出現する。(2023/8/22)

ふぉーんなハナシ:
中国で「ポケモンGO」を試す 一部機能は利用できたが、対人戦で“詰んだ”ハナシ
中国では「ポケモンGO」は利用できるのか。2023年8月に訪れた際に試した。一部の機能は利用できたが、対人戦の「GOバトルリーグ」で詰んでしまった。(2023/8/18)

「ポケモンスリープ」で睡眠計測したら体感より短い? 理由は実にシンプルだった
「ポケモンスリープ」は、スマートフォンを枕元に置いて寝るだけで、ユーザーの睡眠を計測してくれるアプリ。実際に使って睡眠計測を試してみた。すると、なぜか体感よりも睡眠時間が短く計測されることが多かった。(2023/8/17)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの新プランへの移行 障害は「dポイント」?/タレック・アミン氏が楽天から去る
NTTドコモの新料金プランは、「長期利用ありがとう特典」の対象外です。このことが、新プランへの移行を阻害している可能性があります。(2023/8/12)

「ポケモンGO」にパルデア地方のポケモンが登場 9月から
ポケモンGOにパルデア地方のポケモンが2023年9月から登場する。予告動画ではニャオハ、ホゲータ、クワッスとおぼしき3体をチラ見せしている。(2023/8/8)

任天堂の決算で『ゼルダの伝説』の影響はどのくらい大きい? 映画『マリオ』は?
任天堂の2023年4〜6月期連結決算が発表され、過去最高益を記録した。主な要因は『ゼルダの伝説』シリーズ新作の売り上げだが、映画『マリオ』への言及が控えめだ。その理由とは。(2023/8/7)

Mobile Weekly Top10:
暑い日が続くとスマホも熱くなります
「熱中症警戒アラート」が発出されるような暑さが続く今日この頃。それを受けてか、スマートフォンの発熱にまつわる記事がよく読まれているようです。(2023/8/5)

「Pokemon GO Plus +」レビュー:捕獲ゆるふわ勢が使って感じたメリットと不満点
「ポケモンGO」と連動するデバイス「Pokemon GO Plus +」を使ってみた。スーパーボールとハイパーボールを選べること、オートスローに対応したことが大きな特徴。特にオートスローがとても便利だが、気になることもある。(2023/8/4)

ポケモンGOのリアルイベントで障害 「ドコモ回線に問題発生」と名指しで告知
「Docomoのネットワークに問題が発生」──米Nianticは、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」のリアルイベント「Pokemon GO Fest 2023」について、このような発表をした。(2023/8/4)

寝るだけでいいと思ってたのに…… 「起きぬけ」「昼」「寝る前」の操作が忙しかった「ポケモンスリープ」レビュー
思ったより大変でした。(2023/8/4)

「スマホ冷却グッズ」を真夏日に試す 本当に温度は下がる? 屋外でポケモンGOは快適?
気温の高い日が続いている。人間にも電子機器にも厳しい気候だ。特に、いつも持ち歩くスマホを効果的に冷やしながら使うにはどうすればよいのか、2種類のスマホ冷却グッズで検証した。(2023/7/30)

グッドパッチとUXの話をしようか:
「Pokemon GO」7周年 500万人が熱狂し続ける驚異のアプリに隠されたユーザー体験
7月22日に7周年を迎えた「Pokemon GO」は、いまだに500万人ものユーザーを抱えている。そこにはファンが離れない秘密と、ユーザーが出戻りたくなる仕掛けがあった。Pokemon GOのユーザー体験を解説する。(2023/7/29)

今日のリサーチ:
「Threads」が約7日で1億5000万ダウンロードを突破、「Pokemon GO」を抜いて史上最短で――data.ai調査
新SNSアプリ「Threads」がローンチから約7日で1億5000万ダウンロードを突破。(2023/7/25)

「ポケモンGO Plus+」の気になるところ 保証なし、LEDまぶしすぎ でもオートスローは超便利
ポケモン社から新しいゲーム用デバイス「Pokemon GO Plus+」が14日に発売されました。さっそく「ポケモンGO」と連携して使ってみた感想を報告したいと思います。(2023/7/23)

ポケモンGO、22日は新イベント「ふかの日」 リオルが2kmタマゴに、色違いも
22日の午後2時から午後5時まで、ポケモンGOで新イベント「ふかの日」が開催されます。通常は10kmタマゴからふ化する「リオル」が2kmタマゴから生まれます。(2023/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。