ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポケモンGO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポケモンGO」に関する情報が集まったページです。

ポケGOに「ONE PIECE」の“麦わら帽子ピカチュウ”登場 熊本復興支援でコラボ
「Pokemon GO」と漫画「ONE PIECE」が熊本の復興プロジェクトでコラボレーション。特別なピカチュウが期間限定で登場する。(2019/7/16)

「Ingress」「ポケGO」のナイアンティックが初めて作ったサービス「Field Trip」が年内終了
全てのルーツともいえる。(2019/7/14)

「ポケモンGo」のルーツ、「Field Trip」サポート年内終了
「ポケモンGo」のNianticが、同社のアプリ第1号「Field Trip」のサポートを年内に終了する。6月に「ハリー・ポッター:魔法同盟」をスタートした同社は、「世界中のたくさんのプレイヤーの方々に向けてすばらしいAR体験をつくることに集中するためには、優先順位をつける必要がある」と説明した。(2019/7/14)

ポケモンGOがスポーツ庁の「Sport in Life」認定第1号に 「生活スタイルの一部としてスポーツを推奨する取り組み」として認定
多くのユーザーに楽しく歩くきっかけを提供したため。(2019/7/11)

「Pokemon GO」、スポーツ庁の認定アプリに 「運動のきっかけを与えた」と評価
生活の中にスポーツを取り入れるスポーツ庁のプロジェクト「Sport in Life」の認定アプリに「Pokemon GO」が選ばれた。(2019/7/11)

開発陣に聞く:
AQUOS R3の「動画」と「ディスプレイ」は何が変わったのか? シャープ開発陣にじっくりと聞く
シャープの新スマホ「AQUOS R3」は、前モデル「AQUOS R2」に続いて動画専用カメラを搭載。撮った動画をリアルタイムで約15秒のダイジェスト動画にする「AIライブストーリー」を提案してきた。ディスプレイは第5世代のIGZOに進化。そんなR3で改善したポイントを開発陣に聞いた。(2019/7/10)

「外国人に話題のアニメ聖地はここ!」 SNSをAIで分析・解明
「今、外国人に話題のアニメの聖地はここだ!」。日本のアニメファンだけでなく地方自治体も気になるこんな調査結果を、東京海上日動火災保険とNTTデータがまとめた。外国人のツイッターなど会員制交流サイト(SNS)の膨大なデータを人工知能(AI)を使い分析。アニメの舞台や縁のある地域を訪れる“聖地巡礼”を目的に訪日する外国人はどこを目指すのか明らかにした。(2019/7/8)

ポケモンGOに「アーマードミュウツー」襲来 伝説レイドで11日から
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」の伝説レイドバトルに、「アーマードミュウツー」が登場する。(2019/7/5)

“ハリポタGO”、ジャイロ非対応のスマホで遊べず ポケモンGOとの意外な差
スマートフォンゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」が日本でもリリースされた。だが、ジャイロセンサーを搭載していないスマホでは遊べないことが判明。「ポケモンGO」の場合、同様の端末では「AR+」モードは利用できないものの、ダウンロードはできる。仕様の面でも、両者はちょっとした差があるようだ。(2019/7/3)

ポケモンGOにハマった記者が“ハリポタGO”は数分間で飽きた理由
スマートフォンゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」が7月2日、日本でも公開された。記者はポケモンGOにはそれなりにハマったが、魔法同盟はプレイ開始から数分間で飽きてしまった。その理由は……。(2019/7/3)

“ハリポタGO”こと「魔法同盟」をゲーム未経験の記者が遊んでみた
7月2日配信の"ハリポタGO"こと「ハリー・ポッター:魔法同盟」を記者が体験した。(2019/7/2)

“ハリポタGO”こと「魔法同盟」、米国リリース後4日間で110万ドルの売上 Sensor Tower調べ
リリース後30日間で1000万ドルの売上に達する見込み。(2019/6/25)

“ハリポタGO”とポケモンGOは何が違う? 「ハリー・ポッター:魔法同盟」公開直前レビュー
“ハリポタGO”の公開直前デモバージョンをプレイしてみて分かったゲームコンセプトや、Pokemon GOとの共通点や違いなどをレポートする。(2019/6/21)

“ハリポタGO”、米国などで6月21日に配信開始 日本は「近々」
ARを活用したスマートフォン向け位置情報ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」(iOS/Android)が、米国などで21日に公開。日本でも近々公開される。(2019/6/19)

メカ設計メルマガ 編集後記:
人間の能力を拡張するAR、「LiveWorx 2019」で垣間見たその可能性
いろんな意味でボストンを満喫してきました。(2019/6/18)

マツモトキヨシ店舗、ポケストップとジムに Pokemon GOとパートナー契約
マツモトキヨシホールディングスは、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」に関するパートナーシップ契約を、米Nianticと結んだと発表した。日本全国のマツモトキヨシグループ店舗と、タイ、台湾のグループ店舗計1700カ所が、ゲーム内の「ポケストップ」や「ジム」になる。(2019/6/11)

ポケGOで「ナマケロ」大量発生のイベント あす
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」で「ナマケロ」が大量発生するイベントが開催される。(2019/6/7)

横浜のポケGOリアルイベントは「参加費無料の抽選制」 「ペラップ」を日本初実装
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」のリアルイベント「Pokemon GO Fest in Yokohama」の詳細が発表された。地域限定ポケモン「ペラップ」が登場する。(2019/6/6)

Pokemon GO、Apple Watch対応を終了
「Pokemon GO」のApple Watchの対応が6月いっぱいで終了する。「いつでも冒険モード」により、移動距離の記録などがスマホだけで可能になったためとしている。(2019/6/4)

位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」は何が新しいのか?
スマートフォン向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」が2019年内に配信される。現実世界がドラクエのフィールドとなり、現在地付近から目的地を決めながら冒険を進めていく。実在する「ランドマーク」も登場し、ご当地クエストも用意される。(2019/6/3)

コロプラ株価が一時ストップ高 「ドラゴンクエストウォーク」共同開発で期待集まる
シリーズ初の位置情報ゲームに期待が集まっています。(2019/6/3)

スクエニ・コロプラ株価が“かいしんの”伸び 「ドラクエウォーク」共同開発を発表
6月3日の東京株式市場で、スクウェア・エニックス・ホールディングスとコロプラの株価が急騰。両社ともに年初来高値を更新し、コロプラは一時ストップ高まで値を上げた。両社は同日、「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエストウォーク」を共同開発しており、2019年内にリリースすることを発表していた。(2019/6/3)

「ドラクエ」最新作は「歩く」スマホゲーム 「ドラクエウォーク」発表
スクウェア・エニックスがスマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」を2019年内にリリースする。(2019/6/3)

ポケGOで「寝ているカビゴン」大量発生チュウ ポケモンの新事業戦略説明会で
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で5月29日、“寝ているカビゴン”が大量発生。複数のカビゴンが雑魚寝する姿も。「目が覚めると、またどこかに行ってしまうかもしれません」(米Nianticのジョン・ハンケCEO)(2019/5/29)

ポケモン、「歩く」の次は「眠る」へ Pokemon GOと連携する新デバイスも登場
ポケモン社は、「睡眠」をエンターテインメント化する新たな取り組みを発表した。「Pokemon GO」と連携し、歩行や睡眠を計測できる新デバイスや、睡眠をコンセプトにした新しいスマホゲーム「Pokemon Sleep」の開発に取り組む。(2019/5/29)

ポケモンが「睡眠」のエンターテインメント化に着手 新サービス「Pokemon Sleep」やポケGO連動施策など発表
「Pokemon GO Plus」に眠っている時間を計測する機能を追加した新デバイスとは?(2019/5/29)

ポケモンの新サービス「ポケモンホーム」発表 ハードの垣根を越えてポケモン交換
2020年初旬リリース予定。(2019/5/29)

KubeCon+CloudNativeCon Europe 2019詳報(1):
5才になったKubernetes、今後は「Linuxのような役割を果たす存在に」
2019年5月にスペイン・バルセロナで開催された「KubeCon+CloudNativeCon Europe 2019」は、Kubernetesの誕生5周年を祝った。成熟したKubernetesは、今後どのような役割を担っていくのか。(2019/5/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ポケモンGOとの違いは? クラウドとAIのMicrosoftを象徴する「Minecraft Earth」
年次イベント「Microsoft Build 2019」において発表された「Minecraft Earth」は、単なるゲームタイトルではなく同社の最先端技術を凝縮した“テクノロジーショウケース”だ。注目ポイントを整理した。(2019/5/24)

「ポケGO」にチェリンボなどシンオウ地方のポケモン 新ルアーモジュールも
チェリンボ、フカマル、ヒポポタスなどが実装。(2019/5/18)

「紫のラプラス」も ポケGO、色違い実装済みのポケモン多数「レイドウィーク」開催
色違いドーミラーの初実装や、色違いラプラス出現が目玉。(2019/5/17)

2000匹以上のピカチュウが集結 「ピカチュウ大量発生チュウ!」横浜・みなとみらい地区で8月開催
夜間のプログラムがメインになります。(2019/5/16)

ポケGOリアルイベント、横浜で開催 ピカチュウも大量発生
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)のリアルイベントが8月に横浜で実施されることが分かった。ピカチュウも(リアルで)大量発生。(2019/5/15)

「名探偵ピカチュウ」は2019年の「ブレードランナー」である “ポケモンと暮らす都市”が描くポケモンの本質とは
「名探偵ピカチュウ」は、これ以上ないほど「ポケットモンスター」の本質、原理にのっとった映画だった。(2019/5/13)

サンスポ、探偵帽ピカチュウの号外を配布 あす正午から全国20カ所で
サンケイスポーツが東京都内で「探偵帽をかぶったピカチュウ」の撮影に成功。あす正午から新宿や渋谷など全国20カ所の駅前で特別号外を配布することが明らかになった。(2019/5/10)

ポケGOに「探偵帽のピカチュウ」登場
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」で5月8日、映画「名探偵ピカチュウ」の公開を記念したコラボイベントが始まった。(2019/5/8)

ポケモンGOの「キラフレンド」ができて分かったこと
4月9日のアップデートで追加された新機能「キラフレンド」。12日になってようやく2つの事例が確認されたので報告します。えっ、1日に2回?(2019/4/13)

ポケモンGOで「タツベイ」が大量発生 あす
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」で「タツベイ」が大量発生する「コミュニティ・デイ」イベントが開催される。(2019/4/12)

「ハリー・ポッター:魔法同盟」ユーザー名、今日から予約可能に
ポケGO、Ingressのユーザーは、これまで使っていた名前を魔法同盟でも利用できる。(2019/4/10)

「ポケモンGO」に「キラフレンド」実装 ポケモン交換で「キラポケモン」に
(2019/4/10)

ポケモンGOの障害、GPS週数ロールオーバーとは無関係
7日に開催された「Pokemon GO」のイベントで一時障害が発生しました。折しもGPS週数ロールオーバーが起きた日とあり、ネット上には障害と結びつける書き込みが散見されましたが……。(2019/4/9)

今年は有料か? 「Pokemon GOサマーツアー 2019」概要発表
米Nianticとポケモン社が「Pokemon GO サマーツアー 2019」の概要を発表した。6月のシカゴイベントは昨年までの倍となる4日間に拡大。アジア地域は「後日案内する」としているが、気になる記述も。(2019/4/5)

家の前がポケGOプレイヤーのたまり場に…… 「もうちょっと気を遣ってほしい」と訴える漫画に反響
マナーは大切。(2019/4/2)

ポケモンGOに「サトシ帽子のピカチュウ」が再登場 エイプリルフール企画か
ポケモンGOで4月1日、「ポケットモンスター」シリーズの主人公サトシの帽子を被ったピカチュウが再登場。新AR(拡張現実)機能「GOスナップショット」で撮影した画像に映り込んだ後、フィールドに出現します。(2019/4/1)

動画の世紀:
TikTokはなぜ「位置」を集めるのか? ユーザー動画と位置情報が融合するとき
若者を中心に人気のTikTokは、単なるショートムービーSNSではない。その目指すところは?(2019/3/31)

4月は虫とりの季節 ポケモンGOで「むしたいぷ」イベント
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」でむしタイプのポケモンがいつもより多く出現するイベントが開催。(2019/3/28)

ポケモンGOに色違いの「ハスボー」 期間限定「フィールドリサーチ」で
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」で天候に関する「フィールドリサーチ」が開催される。天気の影響を受けるポケモンがいつもより多く出現する他、色違いの「ハスボー」が初登場。(2019/3/28)

ポケモンGO、伝説ポケモン「ギラティナ」が新フォルムで登場
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」で伝説ポケモン「ギラティナ」が再登場。今回はアナザーフォルムの復刻に加え、新たにオリジンフォルムが実装される。(2019/3/27)

「よくできている=売れるゲーム」ではない スマホゲーム“基本プレイ無料”の難しさ
ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が、サービス開始から約半年で撤退する。スマホゲームで主流な“基本プレイ無料”のビジネスモデルの難しさが露呈した。(2019/3/22)

ポケモンGOで感じる“春の訪れ” くさタイプ大量発生イベント、きょうから
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」で春分の日を祝うイベントが開催。くさタイプのポケモンがいつもより多く出現する。(2019/3/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。