「コンパクトなスマホ」は一層ニッチな存在に? ニーズというものは時に冷酷Mobile Weekly Top10

» 2024年06月01日 13時15分 公開
[井上翔ITmedia]

 ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2024年5月23日から2024年5月29日までの7日間について集計し、まとめました。

コンパクトなスマホとは ふと「Rakuten Mini」(最初期版:左)を引っ張り出してきましたが、本当に小さいですね……。「Pixel 3」(右)も今基準だとコンパクトなんだと思います

 アクセス数の1位は、前回と同じく、配線不要のバッテリー駆動式ドライブレコーダーの記事でした。やはり、結構ニーズがあるんですね。

 そしてアクセス数の2位は、コンパクトなスマートフォンが減ってきていることに関する考察記事でした。小型のスマホは求める“声”が大きいにもかかわらず、実際に世に出してみると、大画面モデルの方がよく売れるということを繰り返しています。Appleは2世代で「iPhone mini」のラインを止めてしまったのは、そういう情勢を踏まえての判断だと思っています。

 スマホのスペックが向上して、アプリやコンテンツがリッチ化すると、スマホに求められるスペックはさらに高まります。そうすると、画面の大きさ/解像度や高性能SoC(プロセッサ)の搭載を担保するために、本体も大きくなっていくことは避けられません。それでも小さいスマホを作るというのなら、何かを“犠牲”にしなくてはならないということです。

 待望の小さいスマホが出たが、スペック面で厳しい――商業的にうまく行く要素がどうしても薄れてしまうのは事実です。

 私個人はスマホを片手で操作するので、コンパクトなスマホがほしいと思っています。しかし、できる限り高性能なモデルがほしいとも思っており、優先順位としては「ハイスペック」が勝ってしまうので、コンパクトなスマホには食指が伸びません……(手が大きめで、タッチ操作がしづらいという面もあります)。

 そういう意味では、かつての「Pixel 3」くらいの大きさの超ハイスペックモデルがほしいです。え、Pixel 3でも大きい? 今どきのスマホの“大きさ”に慣らされてしまったんですかね……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年6月編】 「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」を安く買えるのはどこ? (2024年06月24日)
  7. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
  10. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー