ニュース
» 2016年08月30日 16時59分 UPDATE

シマンテック、Webサイトの常時暗号化を促進する新サービスを発表

サービスはWebホスティング事業者向けだが、事業者は同サービスを利用してユーザーに暗号化や証明書などのセキュリティメニューを提供できるようになる。

[ITmedia]

 シマンテックは8月30日、Webサイトのセキュリティ強化を支援するWebホスティング事業者向けの新サービス「Web サイトセキュリティパッケージEncryption Everywhere」を発表した。このサービスを採用する事業者はユーザーにセキュリティ機能を提供できる。

 新サービスは、Webサイトの暗号化やWebサイトの存在確認、保護、トラストシール提供などのメニューを持つ。事業者は必要な機能をユーザー向けのホスティングサービスに組み込むことで、セキュリティや収益性の強化を図れるとしている。

 インターネット普及を背景に、Webサイトで個人情報や金銭に関連する情報などをやり取りする機会が増えており、これに応じて通信内容が盗聴されるなどのリスクがたかまっているという。

 Webサイトの暗号化は盗聴リスクを低減させる1つの方法だが、対応に伴う負担を懸念するサイト運営者は多く、暗号化の導入が進んでいない。しかし、Googleは暗号化していないWebサイトを検索結果の表示に反映する方針を示しており、危険サイトを見なされれば、訪問者が激減するなどの影響が予想されている。

 シマンテックによれば、暗号化を導入しているWebサイトは全体の3%に過ぎず、暗号化の普及を目的に新サービスを開発したという。Webホスティング事業者向けに展開することで、各事業者のユーザーに暗号化の採用をうながす狙いがある。

 同社では2018年までに正規サイトが保護されることを目指しているという。同日までに7社がサービス導入を表明。国内ではファーストサーバが名乗りを上げている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ