ニュース
» 2016年09月01日 06時25分 UPDATE

Google、「Chrome 53」の安定版を公開 Flashブロック開始

GoogleがChromeブラウザをバージョン53にアップデートした。予告していたバックグラウンドで稼働するFlashのブロック機能が追加された。修正された脆弱性は計33件だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月31日(現地時間)、Webブラウザ安定版の最新バージョンとなる「Chrome 53」(バージョン53.0.2785.89)をWindows、Mac、Linux向けに公開した。

 このアップデートで、予告していた一部のFlashのブロックを開始する。ブロックするのは、Webページの解析などのために背後で稼働するタイプのFlash。Googleによると、こうしたFlashは現在Web上で読み込まれるFlashの9割以上を占めており、ページの読み込みを遅くしているという。

 なお、Googleは29日、それまで拡張機能「Google Cast」として提供してきたChromecastへの接続機能をChromeに統合したと発表しているが、こちらはChrome 51から利用可能だ。

 また、危険度「高」に分類される13件を含む計33件のセキュリティ問題が修正された。

 chrome 危険度「高」の13件

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -