ニュース
» 2016年12月20日 08時40分 UPDATE

Googleが「Project Wycheproof」公開、暗号ソフトウェアライブラリの弱点をチェック

「Project Wycheproof」では既知の攻撃に利用されている暗号ソフトウェアライブラリの弱点を検出できる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは12月19日、暗号ソフトウェアライブラリをチェックして既知の攻撃に利用されている弱点を見つけ出すセキュリティテスト「Project Wycheproof」を公開した。

 「暗号化においては些細なミスが壊滅的な結果を招くこともある。オープンソースの暗号ソフトウェアライブラリではミスが頻繁に繰り返され、長期間にわたって発見されないままになっている」。Googleはそう指摘する。

 そこで同社の暗号専門家が既知の攻撃の手口を調べ、暗号ソフトウェアライブラリの弱点を検出したり、一部の暗号アルゴリズムで予期される挙動をチェックしたりできるユニットテスト群として「Project Wycheproof」を開発した。

photo 「Project Wycheproof」はGitHubで公開されている

 Googleでは同プロジェクトを通じてこれまでに80を超すテストケースを開発し、40以上のセキュリティ問題を発見。例えば広く使われている暗号鍵方式のDSAやECDHC実装の秘密鍵を復元できることを確認したとしている。

 Project Wycheproofの名称は、オーストラリアにある世界一小さい山の名に由来する。「同プロジェクトの主な動機は達成可能な目標を設定することにある」というのがその理由だという。

 ただし同プロジェクトはまだ未完成で、このテストを通過したとしても、ライブラリが安全だという保証にはならないとGoogleは説明。それでも開発者やユーザーが大量の学術文書を読み込まなくても、自分のライブラリを既知の攻撃と照らし合わせてチェックできるようになると説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -