ニュース
» 2016年12月26日 08時12分 UPDATE

アプリにHTTPS義務付けのATS、Appleが実装期限を延期

App Storeで配信するアプリに対してHTTPS利用を義務付ける「App Transport Security」(ATS)は、当初2016年末を期限としていたが、開発者から戸惑いや反発の声が出ていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは、App Storeで配信するアプリに対してHTTPS経由のセキュアなネットワーク接続の利用を義務付ける「App Transport Security」(ATS)について、2016年内としていた実装期限を延期すると発表した。

 ATSはiOS 9とOS X v10.11から導入された機能で、通信の内容が暗号化されるHTTPS接続の利用をアプリに義務付けることによって、ユーザーのセキュリティとプライバシー保護を強化する狙いがある。

photo Appleは12月21日に開発者サイトに掲載した告知で、「追加的な準備期間を与えるためにATSの実装期限を延期する」と発表した

 ATSを義務付ける方針は2016年の開発者会議(WWDC)で発表されたもので、2016年末を期限として、App Storeに提出するアプリにATSのサポートを義務付けるとしていた。これに対して、Apple開発者フォーラムではアプリ開発者から、「HTTPSのために追加料金を払っていないWebサイトではiOSにアクセスできなくなる」といった反発や戸惑いの声が上がっていた。

 Appleは12月21日に開発者サイトに掲載した告知で、「追加的な準備期間を与えるために期限を延期する」と発表。新しい期限については後日公表するとしている。

関連キーワード

Apple | 開発者 | HTTPS | App Store | セキュリティ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ