ニュース
» 2017年01月25日 09時08分 UPDATE

Cisco、Google Chrome向け拡張機能「WebEx」の深刻な脆弱性を修正

悪用された場合、攻撃者が特定のパターンのURLをWebサイトに仕込んでユーザーに参照させ、WebExセッションを開始させることによって任意のコードを実行できてしまう恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo Google Chrome向け「WebEx」

 米CiscoのGoogle Chrome向け拡張機能「WebEx」に深刻な脆弱性が発見され、Ciscoが1月24日に更新版を公開し、問題を修正したことを明らかにした。

 WebExはCiscoのWeb会議用ソフトウェアをベースとする拡張機能で、のべ2000万ユーザーが利用しているという。脆弱性はGoogleの研究者が発見し、Project Zeroを通じて1月21日付で詳しい情報やコンセプト実証コードを公開した。

 悪用された場合、攻撃者が特定のパターンのURLをWebサイトに仕込んでユーザーに参照させ、WebExセッションを開始させることによって、任意のコードを実行できてしまう恐れがある。問題のパターンをiframeに隠してユーザーの目には見えないようにすることも可能だという。

photo Project Zeroで公開されたコンセプト実証コード

 この問題を発見したGoogleの研究者は、「90日以内にパッチが公開されなければ、情報を一般に公開する」と通告していた。

 Ciscoによれば、脆弱性はWebExのバージョン1.0.5で修正された。1月24日の時点で悪用された事例は確認されていないという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -