ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WebEx」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WebEx」に関する情報が集まったページです。

中小企業にテレワーク環境を導入、運用代行も シスコとDISがパッケージを提供開始
ダイワボウ情報システム(DIS)とシスコシステムズは、中堅中小企業向けに「iPad × Cisco Meraki楽々テレワークパッケージ」を提供開始する。テレワークに必要なデバイスやWeb会議システム、リモートアクセス環境と併せ、導入支援/運用管理代行までトータルで支援する。(2021/1/22)

ビデオ会議機器をサブスクで シスコがテレワーク需要に応えるサービスを開始
シスコは、ビデオ会議機器をサブスクリプションサービスとして利用できるプログラム「Hardware as a Service for Webex Devices」の提供を開始した。同サービスは、機器の保守サービスやWebexのライセンスをサービスに含めることも可能だ。(2021/1/21)

Microsoft 365ユーザー向け「Teams」基礎ガイド【後編】
Microsoft 365管理者が「Teams」導入前に検討すべきチェックポイント
「Microsoft 365」のユーザー企業が「Microsoft Teams」を利用する際、IT管理者が考える必要のあることとは何か。長期的な利用を踏まえた場合の主要なチェックポイントを解説する。(2021/1/19)

FAメルマガ 編集後記:
よもやよもやの緊急事態宣言、求められるリモート“プロダクション”
「やってみればできた」ということも多いかもしれません。(2021/1/8)

Microsoft 365ユーザー向け「Teams」基礎ガイド【前編】
「Microsoft 365」を契約すれば「Teams」を使えるのか? プランによる違いは?
複数ある「Microsoft 365」のどのプランに「Microsoft Teams」の機能が含まれているのか。プランによって使えるTeamsの機能の違いとは。一見分かりにくいこれらの基礎事項を簡単に整理する。(2021/1/6)

PR:テレワーク時代の企業活動に欠かせない! より高品質なWeb会議を実現するJabraのヘッドセットとスピーカーフォン
テレワークの広がりを受けて、Web会議や電話会議をする機会が増えた。「相手の声が聞こえづらい」「自分の声が届いていない」といったことは、円滑なコミュニケーションの妨げとなる。Jabraのビジネス用のヘッドセットやスピーカーフォンなら、そのような問題を解決できる。(2020/12/23)

TechTarget発 世界のITニュース
「Teams」、最大300人で24時間話せるWeb会議機能を無料ユーザーにプレビュー提供
Microsoftは「Teams」の個人用アカウント登録者向けに、最大300人を招待できるWeb会議機能のプレビュー提供を始める。連続で最長24時間のWeb会議を開催可能だ。(2020/12/14)

テレビ会議は「意外と悪くない」:
PR:ビジネスを止めない――損保ジャパンは、7万人超のコミュニケーションを「リモート」でどう活性化したのか
テレワークの普及で新たに生まれた課題の一つが「コミュニケーション」だ。事業を継続実行しつつ、コミュニケーションを活性化し、これまで以上にビジネスを飛躍させるカギはどこにあるのか。Cisco Webex Meetingsを導入し、コロナ禍でリモートでのコミュニケーションを広げた損保ジャパンの事例を紹介する。(2020/12/23)

Web会議の録画データとプライバシー問題【前編】
TeamsやZoomなどのWeb会議の「録画」がプライバシーの新たな問題に
テレワーカーを抱える企業にとってWeb会議ツールは欠かせない存在になった。一方でWeb会議ツールはプライバシーに関する問題をはらんでいる。(2020/12/8)

TechTarget発 世界のITニュース
「Webex」のWeb会議に隠れて参加できる脆弱性 Ciscoがパッチ適用
「Webex」に脆弱性が見つかった。悪意のある攻撃者が「ゴースト」として会議に参加し、排除された後もそのまま会議に居残ることを可能にする脆弱性だ。Cisco Systemsはこの脆弱性にパッチを適用した。(2020/12/8)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco、2021年度第2四半期売上予測は前向き 第1四半期から改善の見込み
2021年度第1四半期の売上高が前年同期比9%減少したCisco Systems。ただし同第2四半期での改善を控えめながら楽観視している。(2020/12/2)

国会議員と霞が関職員のミーティングに「Zoom」を導入 Web会議を本格化
平井卓也デジタル改革担当相は11月27日の会見で、国会議員と各省庁の職員が行う「議員レク」にWeb会議ツール「Zoom」を導入したと明らかにした。(2020/11/27)

Cisco Webex Meetingsに「見えない攻撃者」が潜む可能性 アップデートの確認を
「Cisco Webex Meetings」「Cisco Webex Meetings Server」に脆弱性が発見された。この脆弱性を悪用されると、認証されていないリモートの攻撃者が参加者リストに表示されないままWebexセッションに参加する可能性があるという。(2020/11/20)

保険会社と大学の「Slack」導入事例【後編】
大学がテレワークやオンライン授業に「Slack」を活用 使い倒す工夫とは?
感染症拡大を受け、教職員のテレワークとオンライン授業の実施を余儀なくされたアリゾナ州立大学が「Slack」を導入した。どのように導入し、どう活用しているのか。(2020/11/19)

TechTarget発 世界のITニュース
Ciscoがパートナー支援策を強化 ソフト販売市場「DevNet Marketplace」立ち上げへ
Cisco Systemsはパートナー支援策を強化する。「DevNet」などの開発者向け認定プログラムの拡充に加え、2021年春には認定取得パートナーがソフトウェアを販売できるオンラインマーケットプレースを立ち上げる。(2020/11/17)

コミュニケーション用デバイスの選定基準
「UC認定」「Microsoft認定」の違いとは? UCデバイスの2大認定制度
ヘッドセットなどのUC用デバイスを選ぶときに、「UC認定」や「Microsoft認定」といった表記があるかどうかが選択基準の一つとなる。この2種類の認定は、それぞれ何を意味し、どう違うのか。(2020/11/12)

ニューノーマル時代の「電話」の在り方:
PR:紙とハンコだけじゃない、リモートワークの「壁」 見逃しがちな「電話問題」の乗り越え方とは?
コロナ禍によるリモートワークの普及で問題となった「紙とハンコ」。しかし、今後を見据えると、さらにリモートワークを推し進める上でもう一つ見逃してはいけない問題がある。それが、「電話」だ。今後求められる、オフィス・在宅・サードプレースなどを交えた「ハイブリッドな働き方」をする上で電話問題はどのように解決すればよいのだろうか?(2020/11/5)

感染症対策にも役立つ?
Meet会議専用ハード「Series One」とは? GoogleとLenovoが共同開発
「Google Meet」用のハードウェアパッケージ「Series One」は、Google独自のプロセッサを組み込み、Web会議をスムーズに進めるための機能を備える。規模別に3種類あるSeries Oneの特徴をざっくりと説明する。(2020/10/29)

アクセシビリティ機能の現状と課題
「Zoom」に聴覚障害者向け機能が追加、当事者が使ってみた感想は
「Zoom」は聴覚障害者向けに、ユーザーが手話通訳者を表示したままプレゼンテーションを見られる機能を追加した。当事者はこのアクセシビリティ機能をどう評価するのか。アクセシビリティ推進団体に聞いた。(2020/10/28)

「安さ」は判断基準にならない?
「Zoom」「Teams」「Webex」使うならどれ? Web会議ツールの選び方
Web会議ツール「Zoom」「Teams」「Webex」のどれを使うかを決める際、利用料金は重要な選定ポイントにはならないと専門家は指摘する。何を基準に選べばよいのか。(2020/10/16)

Web会議を快適にする方法【後編】
無料でできる、“Zoom映え”する3つの準備ポイント
Web会議前にほんの少しの努力をすることで、コストをかけることなく、他の参加者に好印象を与えることができる可能性がある。Web会議前に最低限確認すべきポイントを紹介する。(2020/10/10)

テレワークニュースフラッシュ
コロナ拡大後に投資意欲が急速に高まったテレワーク製品とは?
在宅勤務などのテレワークを実施する企業の間では、常態化に向けた課題や、その対策として必要なIT製品の明確化が進み始めている。それらは具体的に何なのか。主要なニュースを基にテレワークの現状を追う。(2020/9/30)

西武ライオンズとシスコがタッグ 本拠地にサイネージ290台設置 演出など強化、選手と画面越しに交流
シスコシステムズと埼玉西武ライオンズが協業を強化。メットライフドームに設置しているデジタルサイネージを、現在の約70台から約290台に拡充する。試合映像をリアルタイムで配信し、席を離れているファンも臨場感を味わえるようにする。ビデオ会議を使ったファンサービスも検討する。(2020/9/18)

KDDIがeスポーツ甲子園「STAGE:0」で選手の表情をリアルタイムに配信 スマホメーカーと協力して実現
KDDIが、9月19日からオンライン形式で開催されるeスポーツ大会「STAGE:0」の決勝大会で、選手の表情をリアルタイムに配信する。スマートフォンメーカーの協力のもと行われる取り組みで、「auスマートパスプレミアム」会員向けの限定配信も行われる。(2020/9/14)

テレワークを実施するための最低限のセキュリティとは何か:
テレワーク方式を8つに分類し、それぞれの特徴を解説 総務省がテレワークセキュリティに関する手引きを公表
総務省は、テレワークを実施するに当たって最低限のセキュリティを確実に確保するための手引き「中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)」と、設定内容を解説する資料を公表した。(2020/9/14)

テレワークに関する読者調査レポート
テレワーク本格化で見えた、テレワークを難しくする“真犯人”とは?
新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、企業の間で急速に広がったのがテレワークだ。企業はテレワークのためにどのようなIT製品を利用し、どのような課題に直面したのか。読者調査結果を基に紹介する。(2020/12/29)

Cisco、元エンジニアからの不正アクセスで多額の損害
Ciscoの元エンジニアが、同社のクラウドインフラに不正アクセスし「Cisco WebEx Teams」のVMを削除した。Ciscoには多額の損害が発生したという。(2020/9/1)

セキュリティ・アディッショナルタイム(44):
初のオンライン開催「第15回情報危機管理コンテスト」決勝戦――リモート環境で新たに気付いたセキュリティ人材育成の知見とは
2020年5月29、30日に「第15回情報危機管理コンテスト」の決勝戦が開催された。運営側は、競技、審査、その模様のライブ配信を全てオンラインで行うという初の試みに挑んだ。(2020/9/1)

「Web会議」が変えるコミュニケーションの在り方【後編】
音声通話をやめて「Web会議」に乗り換えたくなる“納得の理由”
「Web会議」ツールは、企業のコミュニケーションの在り方をどう変えようとしているのか。Nemertes Researchの調査結果を基に、Web会議ツールの利用動向を説明する。(2020/8/28)

シリーズ「私とテレワーク」:
モバイルワークの「柔なスタイル」を生かしつつ在宅型テレワークに最適化
自宅で本格的に仕事をできるように、テレワーク環境を構築するにはどうしたらいいのか。PC USERには、以前から自宅で仕事しているライター諸氏が多数いる。彼ら彼女らからその極意を伺っていく。フリーランスライターの井上晃氏に伺った。(2020/8/26)

BIM:
“BIM認証”サービスが本格始動、最古の規格協会BSIがBIM国際動向と認証の意義を説く
BSIジャパンは、BIM認証に関するサービスを日本国内で本格的に開始した。BIMについての国際的な認証を受けることで、受注競争力を高め、国内外での受注機会を増やすだけでなく、BIMに特化した認定トレーニング制度も用意されているため、人材不足にあえぐ業界で次世代の人材育成にもつなげられるという。(2020/8/26)

シスコが、ホステッド型プライベートクラウドの電話サービスを国内で提供開始
シスコは、電話サービス「Cisco UCM Cloud」を国内で新たに販売する。オンプレミス環境で提供していた既存の電話サービス「Cisco Unified Communications Manager」を、ホステッド型プライベートクラウドで提供する。(2020/8/24)

イノベーションは日本を救うのか(36)番外編:
コロナ禍を考察する 〜ベンチャー投資から日本に必要なDXまで
今回は、最終回の前の番外編として、AZCAが以前から行ってきた働き方をご紹介するとともに、コロナがもたらすベンチャー投資への影響や、コロナが加速するであろうDX(デジタルトランスフォーメーション)について触れてみたい。(2020/8/25)

アクロニス、マルウェア対策機能も統合した最新バックアップソフト「 Acronis True Image 2021」
アクロニス・ジャパンは、マルウェア対策機能を備えた統合型バックアップソフト「 Acronis True Image 2021」を発表した。(2020/8/21)

学校はZoom、広告はGoogle Meet、通信業はWebex 業界によって異なるWeb会議ツールシェア
コロナ禍のもとテレワークが普及する中、ビジネスチャットやWeb会議ツールが急速に普及し始めた。オリコンが6月末から7月にかけて行った調査によると、ビジネスチャットの利用率トップは「Microsoft Teams」、またWeb会議ツールのトップは「Zoom Meeting」だった。しかし、従業員規模や業界によって利用されるツールには違いが見られた。(2020/8/19)

Weekly Memo:
ただのビデオ会議システムにあらず、Zoom日本法人トップが語る「Zoomの正体」
コロナ禍による在宅勤務の急増で一気に普及したビデオ会議システム「Zoom」。ただ、運営会社の日本法人トップによると、その機能はビデオ会議にとどまらないようだ。果たして、その正体とは――。(2020/8/3)

「高価過ぎた製品」の安価版を求める声も
在宅勤務の長期化に耐える「コミュニケーション製品」の条件とは?
在宅勤務などのテレワークを導入した企業の間で、従業員に支給するコミュニケーション製品を充実させる動きが広がっている。テレワーク長期化が見込まれる中、コミュニケーション製品に求められる変化とは。(2020/8/3)

「5Gへの移行進まず焦っている」 KDDI、1Qはコロナ禍で5Gスマホ売れず 高橋社長が苦笑い
KDDIが、2021年3月期第1四半期連結決算を発表。コロナ禍の影響で個人向けau端末の販売台数が大幅に減った。5Gスマホの売れ行きも伸び悩み、高橋誠社長は「4Gから5Gの移行が思ったように進まず焦っている」としている。(2020/7/31)

GAFAの4CEO、Cisco Webexでの公聴会を概ね無難に乗り切る
Google、Apple、Facebook、Amazon.comのCEOが初めてそろった米下院の公聴会はCiscoのWebexによるWeb会議で行われた。3時間にわたる公聴会で4人は世界規模でみれば市場独占には程遠いと主張した。(2020/7/30)

プラネックス、同社製ネットワークカメラでライブ配信が可能になる無償ツールを公開
プラネックスコミュニケーションズは、同社製ネットワークカメラ「スマカメ」シリーズをライブ配信に利用可能になる無償ツールの提供を開始した。(2020/7/22)

新型コロナで役割を再認識
Zoomなどの「Web会議」がいくら便利でも「対面会議」をやめられない理由
新型コロナウイルス感染症の流行で、さまざまな会議が中止や延期に追い込まれた。対策として活用が広がっているのが「Web会議」だ。ただしWeb会議が実現できることは、対面会議と同じではない。(2020/7/22)

Apple、オンラインサマーキャンプ「Appleホームキャンプ」の受付を開始
ビデオ会議を使ったサマーキャンプを、Appleが実施する。(2020/7/15)

仮想背景だけではない「Zoom」の優位点
Zoom会議中に少人数で話せる「ブレークアウトルーム」はTeamsでも使える?
「Zoom」ではWeb会議の参加者を小規模なグループに分ける「ブレークアウトルーム」機能を利用できる。「Microsoft Teams」や「Cisco Webex Meetings」といったライバルではどうなのか。(2020/7/11)

半径300メートルのIT:
「やってるつもりニューノーマル」の落とし穴、Web会議の生産性を再確認
急な変化になんとか対応する時期を過ぎ、組織が本格的な変革を遂げるべき段階に入りつつあります。他社の事例を参考に、自社の事例も積極的に発信して、ビジネスコミュニケーションのニューノーマルを探りましょう。例えばWeb会議は移動時間がなく、オフラインより気軽に設定できるのはメリットですが……?(2020/7/7)

パンデミックで変わるコミュニケーションツール市場
新型コロナでZoomなどの「Web会議」の成長と“脱PSTN”が加速する?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックを機に、コミュニケーションツールを見直す動きが広がっている。「Zoom」などのWeb会議ツール好調の裏で、何が起こっているのか。市場の動きをまとめた。(2020/7/7)

コストと機能で比較する
「Zoom」から「Teams」にすぐ乗り換えたくなるシンプルな理由
外出制限下で急速に普及した「Zoom」などのWeb会議ツール。一時的ではなく継続的な活用を考えると、Zoomを利用中の企業でも「Microsoft Teams」への乗り換えが魅力的に映る場合がある。どのような場合なのか。(2020/7/3)

シスコが中小企業向けサービスを拡大 新ブランド「Cisco Designed」の狙いとは?
シスコが新たな中小企業向けブランドを発表した。従来国内のみで展開していた中小向けブランドを拡充し、グローバルで展開する。テレワークやオンライン会議などのたニーズに加え、セキュリティやネットワークなども含む提供内容と、その狙いとは。(2020/7/1)

在宅勤務などのテレワークが市場の変化を後押し
「Skype」があまり使われなくなった「Zoom人気」以外の理由
「Skype」が衰退した原因は、「Zoom」などのWeb会議ツールの急速な普及だけではない。コミュニケーション市場の変化の背景を、専門家の見解から探る。(2020/6/28)

働き方改革:
コロナの影響で「Box」の採用件数が1年で2800件増加
Box Japanが展開するストレージサービス「Box」の導入が、ここ最近さまざまな業界で急増している。国内のBox採用件数は、2019年3月時点で4200社だったが、現在では7000社を超える。新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、テレワークを採り入れた多くの企業が、情報共有の効率化を図るため、Boxの採用を決めたことが要因だと考えられている。(2020/6/26)

1日の「参加者」数は3億人に
「Zoom」の真のユーザー数は分かるのか? 競合の「Teams」「Webex」は?
Zoom Video Communicationsは「Zoom」の「ユーザー」数を一度発表したが、後に「ユーザー数ではなく参加者数だった」と説明し、数値を修正した。本当のユーザー数は何人なのか。競合の「Teams」「Webex」の状況は。(2020/6/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。