ニュース
» 2017年02月15日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「複雑怪奇」な現代ネットワークを人類が制御する方法

ITシステムが進化するにつれて、ネットワークは複雑の度を増してきた。無線LANの状況分析は、ネットワークのパフォーマンスを最適化し、問題をリアルタイムで解決できる。そして、ネットワーク管理者は常に新しいトラブルシューティングの知恵を習得しなければならない。

[TechTargetジャパン運営事務局]

企業のネットワークが複雑怪奇なモンスターになろうとしている。その規模は膨張し続け、接続するデバイスは数を増やし種類を増やし、仮想化やクラウドへの移行といった技術の進化によって、その姿が見えなくなっている。まさにモンスターそのものだ。

そんなネットワークモンスターに人類は圧倒されつつある。ネットワークの全容を把握することは困難となり、トラブルが発生した原因も場所も特定が難しい。人間の目と手だけで見つけ出すのは不可能となりつつある。人類の能力を超えたネットワークによってITシステムが自壊する日も近いという予測もある。

そんな複雑怪奇なネットワークを制御するために、「無線LAN分析」などの新しいネットワーク管理ツールと、従来とは異なる新世代のネットワーク検査ツールが登場している。この先、ネットワークがどのように進化しても、その制御は可能なのだろうか。その答えをTechTargetジャパンの記事で探ってみる。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -