ニュース
» 2017年02月15日 09時08分 UPDATE

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性に対処 直ちに更新を

特にWindowsやMac向けのFlash Playerでは、差し迫った悪用の恐れがあることから、更新を急ぐ必要がある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは2月14日、「Flash Player」と「Adobe Digital Editions」、「Adobe Campaign」のセキュリティ情報をそれぞれ公開し、多数の深刻な脆弱性に対処したことを明らかにした。

 Flash PlayerはWindows、Mac、Linux、Chrome OS向けに更新版を公開し、メモリ破損や解放後使用など13件の深刻な脆弱性を修正した。悪用されれば攻撃コードを実行され、システムを制御される可能性もある。

 脆弱性はいずれも、Windows、Mac、Linux、Chrome OS向けのFlash Player最新版となるバージョン24.0.0.221で修正された。特にWindowsやMac向けのFlash Playerでは優先度「1」に指定され、差し迫った悪用の恐れがあることから、更新を急ぐ必要がある。Google ChromeやMicrosoft EdgeおよびInternet Explorer 11(Windows 10と8.1向け)にバンドルされたFlash Playerは、自動的に更新される。

photo 脆弱性を修正した最新バージョンは24.0.0.221となる。優先度は1で、直ちに更新を適用するべきレベルの脆弱性だとしている(出典:Adobe)

 一方、Adobe Digital Editionsは更新版のバージョン4.5.4がWindows、Mac、Android向けに公開され、コード実行の恐れもある複数の深刻な脆弱性に対処した。

 また、Adobe CampaignはWindowsとLinux向けの更新版で、クロスサイトスクリプティングなど2件の脆弱性を修正している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -