ニュース
» 2017年03月13日 11時00分 UPDATE

Weekly Memo:どうなる? GoogleとSAPの提携にみるクラウド市場の勢力争い (1/2)

GoogleとSAPがクラウド分野で戦略的提携を発表した。SAPのソフトウェアをGoogleのクラウドで利用できるようにするという両社の提携は、エンタープライズ向けクラウド市場の勢力争いにも大きく影響しそうだ。

[松岡功,ITmedia]

エンタープライズクラウドに向けた戦略的提携

 先週、クラウド市場において大きなニュースが世界を駆け巡った。GoogleとSAPが米国時間3月7日、戦略的提携を発表したのがそれだ。(図1参照)

Photo 図1 GoogleとSAPの戦略的提携の発表リリース(出典:Googleの公式ブログ

 提携内容は、SAPのソフトウェアをGoogleのクラウドで利用できるようにするというのが骨子だ。これにより、オンプレミスで使われているSAPのソフトウェアをクラウドへ移行したいというユーザーニーズに応える。

 大きなポイントは、GoogleのIaaS「Google Cloud Platform(GCP)」でSAPのインメモリデータ処理プラットフォーム「SAP HANA」が認定されたことにある。これにより、エンタープライズソフトウェア市場で広く使われているSAPのERPをはじめとした業務アプリケーションがHANAベースへ移行するのに伴い、GCPの利用を促進していく構えだ。

 また、両社は双方の業務アプリケーションの連携を深めたソリューションを展開していくとしている。例えば、Googleのメールサービス「Gmail」とSAPのCRMサービス「SAP Cloud for Customer」、もしくはGoogleのカレンダーサービス「Calendar」とSAPの出張旅費管理サービス「Concur Tripit」を組み合わせて、業務の生産性を高めるのが狙いだ。

 さらに、Googleが得意とする機械学習技術についても、双方の業務アプリケーションの連携を深めていく中で、利便性を一層高めたインテリジェントなサービスの実現に向けて、共同作業を進めながら注入していくとしている。

 こうした内容から、今回の両社の戦略的提携は、エンタープライズソフトウェア市場で確固たる実績を持つSAPと手を組むことで、これまでクラウド事業においてなかなか入り込めなかったエンタープライズ分野に攻勢をかけたいGoogleと、HANAおよびその上で動く業務アプリケーションを普及拡大させていくために強力なIaaSや機械学習技術を取り込みたいSAPの双方の思惑が一致したものといえる。

 両社のこうした提携は、エンタープライズ向けクラウド市場の勢力争いにも大きく影響しそうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -