ニュース
» 2017年03月22日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:その「購買意思」は本物? データの品質は出所に依存する

マーケターが利用できるデータにはさまざまなものがあるが、実は、データの良し悪しはその出所によって決まる。所有しているデータがどのように収集されたかを知ることが、データの有用性を知るための鍵だ。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 ミネラルウォーターのラベルには、「採水地でボトリング」(bottled at the source)というフレーズがよく使われている。これは、消費者に「このミネラルウォーターは最高の鮮度が保たれている」ということをアピールするマーケティングフレーズだ。ただし、この採水地は1カ所とは限らず、ラベルに印刷された牧歌的で美しい地域以外でも採水されている可能性があるとしたら驚かれるだろう。「採水地でボトリング」を前面に押し出しているメーカーもあれば、裏ラベルにひっそりと記載しているメーカーもある。しかし、実際には採水地でボトリングされているとうたう資格があるメーカーはほとんどない。

 さて、ミネラルウォーターはインテント(意思)データと何の関係があるのか。答えは非常に簡単だ。インテントデータを提供するとうたうベンダーは数多くあるが、実際に本物の意思を提供できるベンダーはほとんどいないということだ。そういったデータプロバイダーを見分けるには、まず、利用可能な各種データソースとその重要性を理解する必要がある。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -