ニュース
» 2017年04月12日 08時30分 UPDATE

Microsoft、4月の月例更新を公開 Windows Vistaの更新は今回が最後

Windows Vistaは今回が最後の更新プログラムとなる。以後はサポートが打ち切られ、たとえ脆弱性が発覚したとしても、Vistaは修正の対象から除外される。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは4月11日(日本時間12日)、月例セキュリティ更新プログラムを公開した。攻撃の発生が確認されていたOfficeの深刻な脆弱(ぜいじゃく)性などを修正した。今回からは従来の月例セキュリティ情報ページへのサマリー掲載を中止し、新ポータルのみを通じて更新情報を提供する方式に切り替えている。

 なお、Windows Vistaは今回が最後の更新プログラムとなる。以後はサポートが打ち切られ、たとえ脆弱性が発覚したとしても、Vistaは修正の対象から除外される。

MS 4月の月例更新 4月のセキュリティ更新プログラムのリリースノート

 Microsoftによると、4月の更新プログラムの対象となるのはInternet Explorer、Edge、Windows、Office、Office Services、Web Apps、Visual Studio for Mac、.NET Framework、Silverlightの各製品と、Adobe Flash Player。米セキュリティ機関SANS Internet Storm Centerによれば、計644件の更新プログラムがあり、うち210件は深刻度が最も高い「緊急」に分類されている。

 中でもOffice/WordPadの脆弱性は、細工を施したファイルをメールに添付してマルウェアに感染させる攻撃の横行が確認され、セキュリティ各社が注意を呼び掛けていた。

 セキュリティ企業Proofpointによると、この脆弱性を突く不正なRTFファイルを電子メールで大量に送り付ける攻撃の発生も確認された。ユーザーが不用意にファイルを開くと、銀行情報を盗み出すマルウェア「Dridex」に感染する恐れがあると警告している。

MS 4月の月例更新 Office関連の更新プログラムも多数配信されている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -