ニュース
» 2017年04月19日 07時08分 UPDATE

Facebook、ソーシャルVRアプリ「Spaces」をβ公開

「Facebook Spaces」は、アバターになってバーチャル空間で友達と会話したりゲームをプレイしたりできるソーシャルVRアプリ。まずはOculus Rift向けβ版が公開された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは5月18日(現地時間)、カリフォルニア州サンノゼで開催の年次開発者会議「F8」で、ソーシャルVRアプリ「Facebook Spaces」を発表した。傘下のOculus VRの「Oculus Rift」と「Oculus Touch」で使えるβ版が同日Oculus Storeで公開された。

 spaces 1

 ユーザーが自分に似たアバターを作ってバーチャル空間上で友達とアバター同士で会話したり、ゲームや360度動画を楽しんだりできる。昨年10月の「Oculus Connect」でプロトタイプとして紹介したアバター機能を発展させたもののようだ。

 自分の写真画像を使って自分に似たアバターを作れる。HMDとTouchの動きをアバターの表情に反映させ、笑ったり驚いたりさせることも可能。

 spaces 2 アバターの作成

 バーチャル空間に3D画像を描くこともできる。また、非Oculus RiftユーザーとFacebook Messengerでアバターとしてメッセージングできる。

 spaces 3 3D描画

 Facebookは「これは始まりに過ぎない」としており、フィードバックに基いて機能を追加していき、対応プラットフォームも拡大していくという。

 マーク・ザッカーバーグCEOはF8の基調講演で、同社の次の目標は「コミュニティの構築」で、Facebookは「分断された世界」で人々を繋げることに、重要な役割を果たせると語った(同氏は2月に投稿した「Building Global Community」と題したメッセージでもその思想を語っている)。

Facebook Tipsさんの投稿 2017年4月17日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ