ニュース
» 2017年05月24日 10時00分 UPDATE

ハンズフリーで個人認証も NEC、イヤフォン型デバイスのプロトタイプを公開

NECは、モーションセンサーを搭載したイヤフォン型ヒアラブルデバイスのプロトタイプを公開。生体情報の収集や認証デバイスとしての用途を想定している。

[ITmedia]

 NECは5月23日、画面を必要としない新たなコンピューティングスタイルの実現に向け、イヤフォン型“ヒアラブルデバイス”の実証実験用プロトタイプを開発したと発表した。

 同デバイスは、マイク、スピーカーに加え、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサーから成る9軸モーションセンサーを搭載。顔の向きや姿勢、移動情報などを常時検出でき、地下街やビルの中のようにGPS信号の届きにくい屋内でも、ユーザーの位置を推定できる。

 手首や首などに装着するウェアラブルデバイスと比べ、頭部・外耳道という揺れやノイズの少ない位置から安定して情報を得られるため、ユーザーの顔の向きや姿勢の変化、歩いている、走っているといった活動状態を正確に把握しやすく、将来的には脈波など生体情報の収集も可能になるという。

ALTALT ヒアラブルデバイスのプロトタイプ(左)と装着イメージ(右)

 さらに、NEC独自の耳音響認証技術を実装することで、ハンズフリーで視界を遮ることなく個人認証を行えるほか、スマートフォンなどとBLE(Bluetooth Low Energy)で接続してクラウドと連携し、さまざまなサービスを利用できるという。生活や仕事におけるさまざまな活動を妨げないため、「歩きスマホ」の対策などにも貢献するとしている。

 同社は2018年度までに、個人認証技術や位置測位技術、音響AR(拡張現実)技術、バイタルセンシング技術などを組み合わせたヒアラブルプラットフォームサービスの事業化を目指しており、同デバイスを活用して、サービス事業者やデバイスメーカーなどと共同で実証実験を進める方針だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -