ニュース
» 2017年05月31日 07時00分 UPDATE

セブン、顔認証で店舗の情報セキュリティを強化、来春に全店導入へ

セブン-イレブン・ジャパンは、情報管理のセキュリティ強化を目的に、2018年の春をめどに、全店舗の店舗管理端末にNECの顔認証技術を導入する。

[ITmedia]

 セブン-イレブン・ジャパンは5月30日、全国のセブン-イレブン約1万9600店の店舗管理端末に、NECの顔認証技術を採用すると発表した。2017年9月に東京都内の直営店10店舗でテスト運用を開始し、2018年春までに全店導入を目指す。

 店舗管理端末は、各店の経営数値や販売状況、新規商品、顧客、従業員情報といったビジネスやプライバシー上、重要な情報を管理するため、強固なセキュリティ対策が求められる。今回採用されたシステムは、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用している。店舗オーナーなどが、端末のカメラに顔を向けるだけでログインでき、IDやパスワードを入力する手間がなくなる。

 顔認証は、IDカードやパスワードによる認証方法と異なり、盗難や紛失などのリスクが少なく、なりすましなどの不正利用防止への効果が期待できるうえ、作業開始までの時間を短縮でき、利便性も向上するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -