ニュース
» 2017年07月24日 08時30分 UPDATE

RPAホールディングスとソフトバンクが業務提携、“AI×RPA”ソリューションの開発も

RPAホールディングスとソフトバンクがRPA分野で業務提携し、RPAの市場拡大を目指す。AIとRPAを組み合わせた日本型RPAの開発にも取り組む。

[金澤雅子,ITmedia]

 RPAホールディングスとソフトバンクは7月21日、RPA(ソフトウェアロボットによる業務自動化)分野の事業展開に関わる業務提携契約を締結した。

 RPAホールディングスは、4000以上のソフトウェアロボットの導入実績を持つRPAテクノロジーズなどを傘下に持つ。RPAテクノロジーズは、「BizRobo!」「Blue Prism」「NICE」を中心に国内外の主要なRPAツールを取り扱い、エンジニアリングを手掛けている。

 一方ソフトバンクは現在、AI、IoT、ロボットといった分野に注力し、法人分野では、企業のワークスタイルを変革するさまざまなサービスを展開している。

 RPAは、業務効率化と生産性向上を実現するソリューションとして導入企業が増えており、今後の市場拡大が見込まれている。

 両社は今回の提携を通じて、RPAホールディングスが持つRPA事業のノウハウおよび実績と、ソフトバンクの営業力、顧客基盤、開発力、商品力を組み合わせ、RPAの普及を加速させ、企業の働き方改革の支援につなげていきたい考えだ。

 また、両社で日本型RPAにふさわしい、AIとRPAを組み合わせたソリューションの開発と導入支援を行う。ソフトバンクが展開するAIやロボット、クラウドサービスなどとRPAツールを連携させ、企業の業務改革を支援するサービスの開発、提供を進める予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -