ニュース
» 2017年08月01日 08時15分 UPDATE

「Second Life」のLinden Lab、新VR世界構築プラットフォーム「Sansar」β公開

早すぎた仮想世界「Second Life」で知られるLinden Labが、新たなVRプラットフォーム「Sansar」(サンサー)を発表した。HTC ViveとOculus Rift、Windowパソコンで、独自のVR世界を構築したり、人が構築した世界をアバターとして訪問したりできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 3D仮想空間「Second Life」を運営する米Linden Labは7月31日(現地時間)、新しいVR(仮想現実)プラットフォーム「Sansar」(サンサー)の「creator beta」を一般に公開した。

 sansar 2

 VR HMDの「HTC Vive」と「Oculus Rift」、Windows PC(Windows 7以降)で楽しめるVR世界を構築し、そこでコミュニケーションし、仮想製品や体験を売買できる。

 利用するにはクライアントアプリのインストールが必要。基本は無料で、クリエイター向けのサポートは月額9.99ドルから。オンラインストア「Sansar Store」で様々なアイテムを販売している。

 Linden Labは2015年にSansarのクローズドβを立ち上げた。この段階ではアイテムはAutodeskの「Maya」でしか作れなかったが、現在はSansar Storeで多様な3Dモデリングツールを販売している。販売されているアイテムを購入し、自分のVR世界にドラッグ&ドロップで追加することも可能だ。

 sansar 2 Sansar Store

 構築したVR世界はFacebookやTwitterで公開できる。1つのVR世界には今のところ同時に35人のユーザーが参加できる。

 ユーザーはSecond Lifeと同様に自分のアバターを作り、アバターを通じて他のユーザーとコミュニケートできる。VR HMDを装着していれば、マイクでしゃべるだけでアバターの口が同期して動く(記事末の動画の最後の方を参照のこと)。

 「Atlas」というディレクトリで、クリエイターが構築したマルチプレイヤーゲームや映画館、博物館、アバター同士で語り合えるサロンなどを試せる。

 sansar 3

 Linden LabはSansarを、個人で楽しむだけでなく、学校や企業、ブランドが手軽に独自のVR世界を構築するためのプラットフォームと位置付けている。

 なお、2003年に立ち上げた仮想世界Second Lifeは今もサービスを継続しており、2014年にはOculus Riftに対応した。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ