ニュース
» 2017年08月09日 08時24分 UPDATE

Disney、動画配信サービス立ち上げへ Netflixとの契約は終了

Walt Disney Companyも動画配信サービスに参入する。DisneyやPixarの映画やテレビ番組を独占配信するDisneyブランドのサービスを2019年に米国で立ち上げる。Netflixへのコンテンツ提供は2018年に終了する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Walt Disney Companyは8月8日(現地時間)、2019年に米国でDisneyブランドの動画配信サービスを立ち上げると発表した。

 DisneyやPixarの映画やテレビ番組をオンデマンドで提供する会員制サービスになる。まずは2019年6月封切り予定の「トイ・ストーリー4」や「アナと雪の女王」の続編などを独占配信する計画。

 disney 1 最近のDisney映画(一部)

 これに伴い、米動画配信大手Netflixと2012年に結んだコンテンツ提供契約を2018年末で終了する。Netflixは2019年以降にDisneyが公開するコンテンツを配信できなくなる(日本のNetflixではもともとDisney作品は配信していない)。つまり、例えば2019年5月24日封切り予定の「スター・ウォーズ エピソードIX」は配信できない。

 disney 2 米国のNetflixでは現在、Disneyの映画を提供している

 Netflixは7日に、映画原作コミックの出版社Millarworldの買収を発表している。オリジナルコンテンツ強化が狙いだ。

 同社はまた、傘下の米スポーツ専門チャンネルESPNのブランドを冠したスポーツ専門動画配信サービスも2018年初頭から開始することも発表した。年間1万以上の野球、サッカー、テニス、ホッケーなどの試合のライブ配信を提供し、MLBやNHLのパッケージも販売する計画という。

 これらの新サービスでは、コンテンツ配信システム企業の米BAMTechのシステムを採用する。DisneyはBAMTechの株式を買い増し、同社の75%の株式を保有することも発表した。買収総額は15億8000万ドル。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -