ニュース
» 2017年08月17日 08時25分 UPDATE

トランプ大統領、相次ぐメンバー退会を受け、2つの助言組織を閉鎖

トランプ米大統領は、シャーロッツビル事件への対応に懸念を表明して複数のメンバーが退会したことを受け、米大手企業のCEOを集めた2つの助言組織「米国製造業評議会」および「戦略・政策フォーラム」を解散するとツイートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ドナルド・トランプ米大統領は8月16日(現地時間)、米大手企業のCEOを集めた2つの助言組織「米国製造業評議会」および「戦略・政策フォーラム」を解散すると自身の公式Twitterでツイートした。

 「製造業評議会と戦略・政策フォーラムに参加してくれている企業経営者に圧力が掛かるよりはと、両方ともやめることにした」という。

 前日に、Intelのブライアン・クルザニッチCEOを含む複数のメンバーが、トランプ氏のシャーロッツビル事件への対応に抗議して製造業評議会を離脱した。

 製造業評議会はトランプ氏が昨年12月に立ち上げた。IT業界からは、クルザニッチ氏の他、IBMのジニ・ロメッティCEO、Dellのマイケル・デルCEO、Teslaのイーロン・マスクCEOなどが参加していた。マスク氏は6月、トランプ氏のパリ協定離脱決定に反対して退会した。

 戦略・政策フォーラムは、トランプ氏が昨年12月に立ち上げた、経済政策について戦略的な助言をする組織。ロメッティ氏やマスク氏、Uberのトラヴィス・カラニックCEOなどが参加したが、カラニック氏は2月に退会している。

 トランプ氏は組織解散をツイートする数時間前には、「製造業評議会を退会したCEOの代わりは幾らでもいる。スタンドプレーをするやつは辞めるがいい」と強気のツイートを投稿していた。

 trump 8月15日の記者会見でシャーロッツビル事件についての質問に応えるトランプ大統領

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -