ニュース
» 2017年08月18日 12時00分 UPDATE

ディープラーニングの開発環境を無料で ソニーが「Neural Network Console」を提供

ソニーが、ディープラーニング(深層学習)の統合開発ツール「Neural Network Console」を公開。GUIによる直感的な操作で、ディープラーニングのプログラムを開発できる。

[金澤雅子,ITmedia]

 ソニーは、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」の無償提供を8月17日から開始した。Windows Appを公式サイトからダウンロードできる。

 同ソフトウェアを利用することで、直感的な操作でニューラルネットワークの設計、学習、評価などを行いながらディープラーニングのプログラムを開発し、各種製品やサービスに搭載できるようになるという。

 同社は、2017年6月にディープラーニング開発のためのコアライブラリ「Neural Network Libraries」をオープンソースとして公開しており、同ソフトウェアではこのライブラリをGUIで操作できる。

 ディープラーニングのプログラム開発は、画像認識や音声認識などに応じて最適なニューラルネットワークを構築した上で、性能の向上に向けた試行錯誤を繰り返してニューラルネットワークを最適化した後、製品やサービスへの搭載に至る。

 今回開発されたコンソールソフトウェアは、ディープラーニングのプログラム開発における要となるニューラルネットワークの設計作業を支援するもので、ディープラーニングの初心者向けには、コアライブラリの機能を視覚的に確認しながら短期間で技能の習得ができる機能も備えている。

 現在、一般的なディープラーニングのプログラム生成では、ニューラルネットワークの構造を、プログラムのコードを記述して、その関数ブロックを組み合わせることで構築する。

 これに対して同ソフトウェアでは、この関数ブロックの概念はそのままに、簡便な形でGUI上に表現。画面上には、コンポーネントの形でレイヤー(関数ブロック)が用意されており、それらを自由に配置するという容易な操作でニューラルネットワークを構築できる。これにより、プログラム開発効率を大幅に改善できるという。

 ネットワーク設計の完了後は、ボタン1つで自動学習を開始し、学習の進ちょく状況や結果は画面上でリアルタイムに確認できる。また、学習した何十種類ものニューラルネットワークを履歴として一覧でき、過去に設計したニューラルネットワークの性能も一覧して比較できるという。

Photo ネットワークを設計後、ボタン1つで高速な学習を開始

 より高性能で軽量なニューラルネットワークを自動的に検索するチューニング機能を装備しており、自動で得られた複数の最適化結果からニーズに応じたニューラルネットワークを選択可能。チューニング作業をツールに任せることで、ニューラルネットワークの設計を自動最適化できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -