ニュース
» 2017年08月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ABMでもバイヤーペルソナが重要な理由

多くのB2Bマーケターにとってアカウントベースドマーケティング(ABM)へのシフトが優先事項となっているが、ABMでもバイヤーペルソナは重要だろうか。答えはYesだ。本稿ではその理由を説明する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 ABMの導入が進むにつれ、企業は成約確度の高い理想的な見込み客(プロスペクト)を見極めようと時間とリソースを費やし、購買意向データを利用してターゲットアカウントを選定するようになった。しかし、ABMで最大の成果を上げている企業は、そこで終わらない。

 ABMでは、自社の製品やサービスに対して購買意欲のあるターゲットアカウントをリストアップするだけでなく、ターゲットアカウントにマーケティングを仕掛けていくときに、アカウントレベルのインサイトを考慮する。賢いマーケターは、あるリードがどのアカウントに属しているかという情報を基に、個々のリードのアクションを特定のアカウントにひも付ける。さらに、その情報を基にしてメッセージとフォローアップ戦略を決定する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -