ニュース
» 2017年09月06日 11時30分 公開

YouTube、iOSアプリでのゲーム実況他、新機能追加

YouTubeのiOSアプリでゲーム実況が可能になった他、ライブチャットのストレスを減らすための「超低遅延」オプションが追加され、ライブチャットの管理機能も改善された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは9月5日(現地時間)、ライブストリーミング関連の幾つかの新機能を発表した。

「超低遅延」オプションの追加

 視聴者と活発にチャットでやり取りしながらのライブ配信では、遅延(カメラが映した映像が視聴者に表示されるまでの遅れ)が少ないことが重要だ。やり取りを重視するライブの場合に遅延を低くするためのオプション「超低遅延」が追加された。

 ライブイベントの[詳細設定]→[ストリームの最適化]で[超低遅延]を選択する(他に[通常の遅延][低遅延]が選べる)。

 live 1 超低遅延の設定

 超低遅延の設定は、DVR、1440p、4Kはサポートしない。また、遅延を低くするとプレーヤーの先読みバッファが相対的に小さくなるので、再生がぎこちなくなる可能性が高くなる。なお、モバイルからのライブ配信は常に超低遅延に最適化されている。

iOS版YouTubeアプリでゲームのライブ実況が可能に

 iOS版YouTubeでゲーム実況が可能になった。米AppleがiOS 9で追加したライブラリ「ReplayKit」により、「ReplayKit Live」に対応するゲームをYouTubeアプリでライブ実況できる。

 live 2 iPhoneのゲームをYouTubeからライブ実況

ライブチャットの管理機能

  • インラインの管理:デスクトップで、[Alt]あるいは[Option]キーを押しながらメッセージにカーソルを合わせるとチャットフィードを一時停止できる。停止後、メッセージの削除やユーザーのブロックなどのオプションが選べる
  • 不適切かもしれないメッセージの保留:チャットの[メッセージ]→[不適切な可能性があるメッセージを保留して確認する]を有効にすると、メッセージを保留し、表示するかどうかを選べる
  • 非表示ユーザーリストの共有:チャットからブロックしたユーザーが[非表示のユーザー]に表示され、モデレーターも確認できる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -