ニュース
» 2017年09月08日 13時27分 公開

クラウドファンディングの「Indiegogo」、支援者への月次報告を義務付け

クラウドファンディングのIndiegogoが、キャンペーン企画者にページでのステージ(コンセプトのみ〜出荷可能)表示と支援者への最低月1回の進捗報告を義務付けた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米クラウドファンディングのIndiegogoは9月7日(現地時間)、支援者のために、企画者に2つの新たな義務を追加したと発表した。

 まず、キャンペーンページに、サービスあるいは製品がまだコンセプト段階なのか、製造段階に入っているのかなどの状況を明示する「Product Stages」タブが追加された。ステージは「Concept」「Prototype」「Production」「Shipping」の4段階。支援者はこのキャンペーンの実現可能性をこのステージからも判断できる。

 indiegogo 1 プロダクトのステージを表示する

 もう1つは、支援者に対し、最低でも月に1度は進捗状況を報告する。キャンペーンページにUPDATESタブが追加され、これを開くとアップデートの履歴が確認できる。

 indiegogo 2 プロジェクトページのアップデートタブ

 利用規約によると、こうした義務を守れないキャンペーンは停止される可能性がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -