ニュース
» 2017年09月14日 08時44分 公開

米連邦政府、「ロシア政府とつながりのある」Kaspersky製品を全機関から締め出しへ

米国土安全保障省(DHS)が連邦政府の全庁省に対し、ロシアのセキュリティ大手Kaspersky Labの製品利用を停止するよう命じた。Kasperskyの従業員とロシア政府の諜報機関とのつながりを懸念しているという。Kasperskyはこれに対し、いかなる政府とも非倫理的なつながりはないと主張した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国土安全保障省(DHS)は9月13日(現地時間)、ロシアのセキュリティ大手Kaspersky Labの製品を連邦政府機関から排除する方針を発表した。

 dhs 1 DHSの声明文

 Kasperskyの従業員とロシア政府の諜報機関とのつながりや、ロシアの法律でロシア政府の諜報機関は国内企業に情報提供を強要でき、通信傍受も可能であることなどを懸念しているという。

 DHSは各庁省は90日後に排除を実行するよう指示した。

 DHSがKasperskyに対し、懸念に対処するための書面による応答の提出あるいは懸念緩和の機会を提供した。

 これに対し、Kasperskyは同日、「Kasperskyは政府との不適切な関係はなく、DHSの決定に失望しているが、DHSの主張にまったく根拠がないことを証明する機会を与えてくれたことには感謝している」とし、「ロシアを含むいかなる政府とも倫理に反する関係や提携はしいていない」と主張した。

 dhs 2 Kasperskyの反論

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -