ニュース
» 2017年10月04日 11時11分 公開

Intelの前CEO、ポール・オッテリーニ氏が逝去

Intelの前CEO、ポール・オッテリーニ氏が10月2日に亡くなった。66歳だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Intelは10月3日(現地時間)、前CEOのポール・オッテリーニ氏が2日に亡くなったと発表した。66歳だった。就寝中のことだったという。

 intel ポール・オッテリーニ氏

 オッテリーニ氏は1974年にIntelに入社。チップセット事業責任者、マイクロプロセッサ事業責任者などの幹部職を歴任後、2002年1月に社長兼COOに就任し、2004年にクレイグ・バレット氏の後任として5代目CEOに就任した。同氏の下でIntelはPC向けプロセッサの供給先を拡大したが、モバイル向け製品で競合の米Qualcommなどに後れを取る中、2013年に社長兼CEOを退任し、相談役になった。米Googleの親会社、Alphabetの取締役も務めていた。

 intel 2 ブライアン・クルザニッチCEO

 現CEOのブライアン・クルザニッチ氏(57)は発表文で「ポールが去ったことをわれわれは深く悲しんでいる。彼はエンジニアばかりのIntelで、一貫して顧客の声を代表し、顧客第一に徹しなければ勝てないことをわれわれに教えてくれた」とコメントした。オッテリーニ氏はIntelで初の文系出身CEOだった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -