ニュース
» 2017年11月06日 11時00分 公開

日立のロボット「EMIEW3」が外国人などに観光案内サービス――東京都庁の実証実験に参画

日立製作所は、「都庁舎サービスロボット実証実験」に参画し、東京都庁舎でヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した接客・案内サービスの実証実験を行う。

[金澤雅子,ITmedia]
Photo ヒューマノイドロボット「EMIEW3」

 日立製作所は11月2日、東京都庁舎で、同社のヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した接客、案内サービスの実証実験を行うと発表した。2017年12月中旬に第一本庁舎2階で、2018年2月中旬に第一本庁舎南側展望室で実施する。

 この取り組みは、東京都が11月中旬から2018年2月下旬まで実施する「都庁舎サービスロボット実証実験」の取り組みの1つとして行われるもの。東京都では、2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会とその後のレガシーを見据え、多様なシーンで活用が見込まれる多言語対応のサービスロボットの可能性や有効性などを検証するとしている。

 実証実験では、EMIEW3の多言語対話機能などを活用し、外国人を含む来庁者に東京都の観光案内や都庁舎内の目的場所の案内などを日本語と英語で行う。

 案内業務サポートの実証を通して、多様なニーズに合わせたサービス品質の向上や、案内方法の最適化などを図るとともに、観光客をはじめとした多くの人が集まる場所での接客、案内サービスの充実に向けたデータの取得やノウハウの蓄積を行う。

 EMIEW3は、自ら移動し、接客や案内サービスを行うことを目的に開発したヒューマノイドロボット。環境センサーや人物検知機能などによって自ら接客行動を開始する機能や、複数台のロボット間での情報共有機能、転倒しても自ら起き上がる機能などを備えている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -