ニュース
» 2017年11月06日 11時00分 公開

立ち止まらず顔認証できる入退管理ソリューション NECが発売

NECが、顔認証AIエンジンを活用した「入退管理ソリューション」を発売。歩きながら顔認証ができ、スムーズな入退と高いセキュリティーを実現するという。

[金澤雅子,ITmedia]

 NECは、カメラの前で立ち止まることなく、歩きながら顔認証ができる「ウォークスルー顔認証」を活用した「入退管理ソリューション」を製品化し、11月2日から販売を開始した。

 この入退管理ソリューションは、国内500社への導入実績がある入退管理システム「SAFEWARE-SX」を中核に、顔認証用カメラ、顔登録装置、入退場ゲートなどのハードウェアから、入退管理、顔認証などを行うソフトウェアまで、ウォークスルー顔認証を活用した入退管理システムに必要な機能をトータルに提供する。

ALTALT 左:入退場ゲートのイメージ / 右:顔画像の登録イメージ

 顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用し、事前に登録した顔画像と、入退場ゲートに設置した顔認証用カメラで撮影した顔画像を照合して本人確認を行う。入退場ゲートに近づく利用者の顔を顔認証用カメラで連続撮影し、ICカードを読み取り機にかざすと即座に顔認証を行うことで、入退場ゲート立ち止まることなく、スムーズな顔認証を可能にした。

 また、顔とICカードを組み合わせた二要素認証で厳格な本人認証ができるため、ICカードの貸し借りやなりすましによる不正入退の防止が可能。認証失敗時の顔画像のログを保存し、認証に失敗した人物の顔画像などを管理者が確認することもできる。

 同ソリューションの価格は3000万円(税別)から。顔認証用カメラ付き入退場ゲート3通路、顔登録装置1台、入退管理サーバ1台、入退管理と顔認証用のソフトウェア1セット、設置工事を含む。

 NECでは、導入に向けたコンサルティングから要件定義、システム設計、構築、工事、保守までの一連の工程をワンストップでサポートし、今後3年間からで200セットの販売を目指するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -