ニュース
» 2017年11月18日 07時14分 公開

Teslaの自動運転も可能な電気トラック「Semi」を2019年生産開始へ

Teslaがセミトレーラータイプの電動トラック「Tesla Semi」を披露した。完全自動運転も可能な「Enhanced Autopilot」を搭載し、1度の充電で約800キロ走行可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Tesla Motorsは11月16日(現地時間)、電動トラック「Tesla Semi」を発表した。2019年に生産開始の計画という。価格は発表されていない。同社の他の自動車と同様、完全自動運転も可能な「Enhanced Autopilot」を備える。

 semi 1

 モデル名が表す通り、セミトレーラー式。トラクタには4つの独立したモーターを搭載し、加速性能はフル積載で0-60mph加速20秒。

 semi 2 トラクタ部分

 運転席は中央にあり、左右にモニタが設置されている。

 semi 3

 1度の充電で500マイル(約800キロ)走行可能。エネルギーコストはディーゼルの半分で、20万ドル以上の節約になるとしている。

 同社はSemiと同時にスポーツカータイプの新「Roadster」も披露した(別記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -