ニュース
» 2017年11月29日 11時00分 公開

クラウド型RPAサービスで中小企業の導入を後押し RPAテクノロジーとエネコムが提供へ

RPAテクノロジーとエネコムは、RPAプラットフォームをクラウドで利用できる「エネロボクラウド」の提供を開始。地方の中小企業などへのRPA導入を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

 RPAテクノロジーズとエネルギア・コミュニケーションズ(エネコム)は、地方の企業や公共団体向けに、クラウド型のRPAサービス「エネロボクラウド」の提供を開始する。

 エネロボクラウドは、RPAテクノロジーズのRPAソフト「BizRobo!」をベースにしたRPAサービス「EneRobo」を、エネコムのデータセンター「EneWinngs広島データセンター」上で提供するもの。RPAロボットの実行プラットフォームをクラウド上で提供することで、短期間で手軽にRPAを導入できるようにした。

Photo 「エネロボクラウド」の概要

 RPAロボットの作成をサポートする「エネロボサポート」(ロボット作成に関わるナレッジ、ロボット部品やテンプレートなど)も順次提供する予定。顧客のシステムとデータセンターのエネロボクラウドの接続には、VLAN、VPN、インターネット接続をサポートするセキュアな通信環境「エネロボコネクト」を提供する。

 今回のクラウドサービス提供に先立ち、両社は8月から、RPAによる生産性向上の取り組みをPOC(概念実証)からロボット作成、運用サポートまでを行う支援サービス「エネロボアシスト」の提供を開始している。RPAの活用で定型業務を効率化することで、地方の課題とされる労働人口の減少を補うことができ、人がより付加価値の高い業務へ移行できるようになるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -