ニュース
» 2017年11月30日 11時00分 公開

鉄道災害時の情報収集をドローンで 近鉄ら3社が共同実証へ

近畿日本鉄道(近鉄)、キヤノンMJ、KDDIが共同で、鉄道災害時の線路や送電設備の異常検知にドローンを活用する実証実験を開始した。

[金澤雅子,ITmedia]

 近畿日本鉄道(近鉄)、キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)、KDDIの3社が、ドローンを使って鉄道災害時の情報収集を行う実証実験を2018年2月から開始する。

Photo 実証実験のイメージ図

 実証実験では、4G LTE対応で長時間の飛行が可能になったドローンに、高精細な映像を撮影できるキヤノン製カメラを搭載。近畿日本鉄道の車庫でさまざま環境や状況を想定した動作を検証する。

 キヤノンMJは、ドローンのほか、カメラを遠隔から制御する仕組みを提供。災害時の鉄道点検業務に求められる正確かつ広範囲な映像取得を目指す。

 KDDIは、ドローンのLTE通信モジュールと運航管理システムを提供。4G LTEを活用した長距離区間の自律飛行を検証する。

 現在、鉄道設備の状況把握は、専用車両の走行による点検や、徒歩巡回による目視点検などが主な手法となっている。総延長距離500キロを超える鉄道網を管理する近鉄の場合、特に駅間が長い区間や山間部の区間では、現地に赴いてチェックしていると時間がかかる上、2次災害などのリスクが想定されることが課題となっていた。今回の実証実験を通して、ドローンによる遠隔での迅速な設備点検や効率的な復旧作業の実現を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -