ニュース
» 2017年12月04日 11時00分 公開

定額39万円の業務システム開発サービス「システム39」、大阪での開発相談を開始

サイボウズの「kintone」をベースにした来店型のシステム開発サービス「システム39」が、大阪での来店相談を開始した。

[金澤雅子,ITmedia]

 ジョイゾーは2017年12月4日より、顧客の要望に合わせた業務システム開発を39万円(税別)の定額で提供するサービス「システム39」の大阪での対応を開始する。

 システム39では、顧客企業に来店してもらう“来店型”のスタイルで対面相談をしながら開発を進める。これまでは、東京のサイボウズ本社内のカフェスペースへの来店か、Webミーティングで開発相談を行ってきた。

 東京以外の地域からの相談が増加してきたことから、今回、サイボウズの大阪オフィスでの来店型開発相談を開始したという。

 今後は、大阪以外に福岡など、他の地域での来店型開発にも対応していく予定としている。

 システム39は、システムの基礎となる部分にサイボウズの業務アプリクラウド「kintone」を活用することで、短期間かつ定額でのシステム開発を実現している。

 初回の打ち合わせでヒアリングを基に業務分析を行い、その場でkintoneを使った業務アプリを開発し、試作版として無料で提供。その後、2回の本作業と社内テスト環境を提供する。一般的なシステムの場合、1回につき2時間程度、計4回の来店による開発相談で作業が完了する。納品後30日以内の修正は、1回まで無料。

Photo システム39による開発の流れ

 なお、開発費用は39万円(税別)だが、kintoneの利用料としてユーザー1人当たり毎月780円が必要となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -