ニュース
» 2018年01月10日 10時00分 公開

Adobe、Flash Playerの脆弱性に対処 悪用されれば情報流出の恐れ

脆弱性を悪用されれば情報流出の恐れがあるとされ、緊急度は同社の3段階評価で中間の「重要」、優先度は「2」と位置付けている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは1月9日、Flash Playerのセキュリティアップデートを公開し、1件の脆弱性を修正した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは境界外読み取りに関する脆弱性に対処した。悪用されれば情報流出の恐れがあるとされ、緊急度は同社の3段階評価で中間の「重要」、優先度は「2」と位置付けている。

 脆弱性はFlash Playerの28.0.0.126までのバージョンに存在していて、Windows、Mac、Linux、Chrome OSの各プラットフォームが影響を受ける。Adobeはアップデート版のバージョン28.0.0.137で、この問題を解決したとしている。

photo Flash Playerの最新バージョンは28.0.0.137となる(出典:Adobe)

 ユーザーが自動更新を有効にしている場合、また、Google ChromeやMicrosoft EdgeおよびInternet Explorer 11(Windows 10または8.1向け)を使っている場合は、Flash Playerのアップデートが自動的に適用される。

 米Microsoftが同日リリースした月例セキュリティ更新プログラムにも、Flash Playerのアップデートが含まれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -