ニュース
» 2018年01月18日 14時19分 公開

Google、プログラミングができなくてもAIツールを作れる「AutoML」のα版提供開始

Googleが、少量の教師データをアップロードして転移学習させるだけでAIツールを構築できる「Cloud AutoML」を発表した。まずは画像認識向けの「AutoML Vision」のα版を提供開始する。

[ITmedia]

 米Googleは1月17日(現地時間)、コーディングの知識がなくてもデータがあれば人工知能(AI)ツールを構築できるサービス「Cloud AutoML」を発表した。まずは画像認識に最適化したサービス「Cloud AutoML Vision」のα版の提供を開始した。

 automl 1 「Cloud AutoML」

 同社はGoogle Cloud Platformでディープラーニング技術を「Cloud Machine Learning」として提供しているが、これを利用してAIアプリやサービスを構築するには機械学習や「TensorFlow」などのプログラミングに関する専門的な知識が必要だ。また、そうした知識を持つエンジニアがいたとしても、自前で機械学習モデルを構築するには時間も技術も要する。

 Cloud AutoMLは、機械学習の専門知識を持たない企業が、Googleの技術を使うことで、独自のカスタムモデル構築を可能にするサービスという。

 Cloud AutoML Visionでは、教師データにする画像データをドラッグ&ドロップでアップロードし、すでに学習済みの画像認識モデルを「転移学習」で訓練し、そのモデルを直接Google Cloud Platformにデプロイできる。シンプルなモデルであれば数分で作れるという。

 automl 2 Cloud AutoML Vision

 既に米Disneyが自社のオンラインショップshopDisneyでAutoML Visionを採用している。同社はAutoML Visionで構築したキャラクターやカテゴリ、色のアノテーション向けモデルをショップ内検索やレコメンド機能に統合するという。

 auutoml 3 shopDisneyの検索結果

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -