ニュース
» 2018年02月20日 10時19分 公開

指なぞり入力の「Swype」、NuanceがiOS/Androidともに提供終了へ

Nuanceが2011年に買収した指なぞり入力モバイルキーボードの「Swype」の提供を終了する。企業向け音声認識・音声入力サービスに集中するためとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Nuance Communicationsは2月2日(現地時間)、指なぞり入力で知られるキーボードアプリ「Swype」のiOS版の提供を終了すると発表した。19日にはさらに、Android版の提供も終了することを認めたとユーザーがRedditに投稿した。

 swype 1 Android版Swype

 Swypeは、タッチパネルに表示されたQWERTYキーボードを一筆書きの要領でなぞる入力方式。入力予測機能により、高速な入力が可能だ。日本語にも対応する。学習機能により使い込むほどにユーザーに最適化されるので、Google Playストアの概要では「生涯使えるキーボード」と謳われている。

 Nuanceは公式ブログで「コンシューマー向けのキーボード事業から撤退するのは残念なのだが、企業向けAI(人工知能)ソリューションの開発に集中するために必要な決断だ」としている。同社は近年、医療機関向け音声入力サービス「Dragon Medical One」などに注力している。

 swype 2 医療向け音声入力「Dragon Medical One」

 Nuanceは音声認識・音声入力技術「Dragon」の開発企業。2011年にSwypeを買収した。Android版SwypeではDragonの音声認識技術も使える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -