ニュース
» 2018年02月21日 17時30分 公開

デモやハンズオンで“AIを体験”できる「INTELLILINK AI Lab」――NTTデータらが共同設立 企業のAI活用を支援

NTTデータ先端技術、NTTデータ、日本IBMは共同で、AI技術を体験できる「INTELLILINK AI Lab」を設立。ビジネスにおけるAI活用を具体的にイメージできるユーザー体験を提供するとともに、課題やニーズに応じたAIソリューションの選定、検証、導入までのサポートを提供する。

[金澤雅子,ITmedia]

 NTTデータ先端技術は2018年2月20日、NTTデータ、日本IBMの協力のもと、顧客にAI(人工知能)技術を実践、活用してもらうための組織・場として「INTELLILINK AI Lab(インテリリンク エーアイ ラボ)」を設立した。

 INTELLILINK AI Labは、日本IBMが提供する「IBM Watson」のテクノロジーをベースに、NTTデータ先端技術のシステム基盤スキル、NTTデータのアプリケーション開発スキルを生かし、ユーザーが想定するAIソリューションを直接「見て・触れて」、活用につなげる環境として提供する。

 これにより、AIの導入を検討している顧客が、AIに関するさまざまな製品やサービスに触れ、ユースケースを知ることを通して、自社の課題解決に必要な取り組みを具体化し、推進できるように後押しする狙いがある。

Photo

 企業におけるAI活用への関心は高まっているものの、具体的な活用方法が分からないなど、導入や活用に踏み出すまでに至っていないケースが多いという。

 INTELLILINK AI Labでは、AI導入のイメージを持つきっかけとなるユーザー体験を提供するとともに、専任スタッフによる技術動向や活用方法の相談、導入に向けた実証実験などのノウハウの提供など、AI活用に関するサポートを一元的に提供する。

 具体的には、AIの基本的な理解や知識習得のためのセミナーや研修や、実際のビジネス適用方法を体験できるユースケースに基づくデモやハンズオンを提供する他、先行導入事例の紹介や顧客のビジネスにおける活用方法のアドバイス、PoC(導入前事前検証)やデータ検証を技術面から支援する機能や実装コンサルティングなどを行うという。

 INTELLILINK AI Labは、東京都中央区のNTTデータ先端技術のショールーム「INTELLILINK ShowRoom」の一角に、コミュニケーションスペースとして設置される。

 今後、INTELLILINK AI Labでは、技術者の増員やデモ体験エリアの拡充などを進めていく予定。また、NTTデータ先端技術は、NTTデータ 技術開発本部 エボリューショナルITセンタ協力のもと、NTTグループのAI関連技術を活用した取り組み「corevo」についても、各種デモンストレーション環境を整備し、AIに関するユーザー体験創出を推進していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -