ニュース
» 2018年03月02日 09時00分 公開

Microsoft、Intelの修正版対策パッチをWindows 10向けにリリース

今回のWindows 10の更新プログラムには、IntelがSkylake向けにリリースしたマイクロコードアップデートが含まれる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性に関連し、Intelがマイクロコードアップデートの修正版をリリースしたことを受け、米Microsoftは3月1日、Windows 10向けの更新プログラムをMicrosoft Updateカタログ経由で公開した。

 Microsoftによると、今回の更新プログラムは、Windows 10バージョン1709(Fall Creators Update)と、Windows Serverバージョン1709(Server Core)が対象。ユーザーは、Microsoft Updateカタログから手動でインストールする必要がある。

 この更新プログラムには、IntelがSkylake H/S(第6世代Intel Coreプロセッサ)とSkylake U/YおよびSkylake U23e(第6世代Intel Core mプロセッサ)向けにリリースしたマイクロコードアップデートが含まれる。

photo 米Microsoftが、Windows 10向けの更新プログラムをMicrosoft Updateカタログ経由で公開した

 Microsoftは今後も、Intelから提供される追加的なマイクロコードアップデートを配信していくとしている。

 Spectreの脆弱性を巡っては、Intelが当初リリースしていた対策パッチに不具合が発覚したことを受け、Microsoftは1月26日のWindows向け臨時アップデートで、緩和策を無効にする措置を講じていた

 Intelは不具合を修正したマイクロコードアップデートをOEM向けに提供し始めており、OEM各社からもファームウェアアップデートとしてユーザー向けに配信される見通し。

関連キーワード

Intel | Microsoft | Windows 10 | 脆弱性


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -