ニュース
» 2018年03月23日 12時30分 公開

AWSでのアプリケーション開発を効率化するCI/CDツール「Ignite」 CTCが無償提供を開始

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が、自社開発したCI/CDツール「Ignite」の無料提供を開始。Amazon Web Services(AWS)でのアプリケーション開発に利用でき、リリースプロセスを効率化することで、DevOpsによる開発を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、Amazon Web Services(AWS)でのアプリケーション開発を支援する、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)ツール「Ignite(イグナイト)」を開発し、2018年3月22日から無償提供を開始した。

 Igniteは、システムの運用を行いながらサービスの追加開発や拡張を可能にするDevOpsを支援するCI/CD環境を構築するツール。AWSの「Codeシリーズ」(CodeBuild、CodePipeline、CodeCommit、CodeDeploy)を活用したアプリケーションのリリース作業を自動化できる。

Photo 「Ignite」の動作イメージ

 開発フレームワークにはWebサービスで一般的に使用されるJava、Node.js、AngularJSを用意し、ソースコードからのアプリケーションのビルド、テスト、デプロイ、サービス提供環境のプロビジョニング(実装)という一連のリリース作業を自動化。これにより、アプリケーション開発やサービス提供での管理業務の効率化を実現できるという。

 また、CTCでは、今回のIgniteの提供に併せて、DevOps関連のサービスメニューも拡充。DevOpsの推進体制や適用範囲などの設計を支援する「DevOpsコンサルティングサービス」とIgniteをベースにCI/CD環境を構築する「CI/CDインテグレーションサービス」を新たに開始した。

 CTCでは、2012年から提供しているAWS上でのシステム構築・運用サービス「cloudage CUVIC on AWS」とともに、AWSを活用した企業のDevOps環境の構築を支援するサービスとして展開していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -