ニュース
» 2018年05月17日 14時54分 公開

月額10ドルの「YouTube Music Premium」誕生、「Google Play Music」は?

Google傘下のYouTubeが、音楽と音楽動画を広告なしで楽しめる新有料サービス「YouTube Music Premium」を米国などで5月22日にスタートする(日本はまだ)。「Google Play Music」と同額の月額9.99ドルで、Google Play Musicのユーザーは新サービスもそのまま利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは5月16日(現地時間)、新たな有料音楽サービス「YouTube Music Premium」を発表した。米国やオーストラリアなどで22日からスタートする。数週間後に提供地域を拡大するとしているが、列記された地域に日本は含まれていない。

 youtube 1

 「YouTube Music」は、米国で提供している有料会員サービス「YouTube Red」に含まれる音楽サービス。

 YouTube Music Premiumはその有料版というより、YouTube Redの音楽サービスと「Google Play Music」を統合したようなサービスだ。料金は月額9.99ドルと、YouTube RedおよびGoogle Play Musicと同額。現在のGoogle Play Musicの会員は、そのままYouTube Music Premiumも使える。

 そして、YouTube Redは「YouTube Premium」と改称され、9.99ドルから11.99ドルに値上げされる。内包するYouTube Musicサービスとオリジナル作品が充実するためという。

 YouTube Music Premiumは、広告表示せずに音楽と音楽動画を楽しめるサービス。AndroidおよびiOS版YouTube Musicアプリだけでなく、PCでもデスクトッププレーヤーで利用できる。

 Googleアシスタント機能も搭載し、曖昧な質問からでも目的の音楽を検索できる。また、ユーザーの視聴履歴(音楽だけでなくYouTubeでの音楽動画の履歴を含む)をベースにホーム画面に表示する音楽をパーソナライズする。

 youtube 2 YouTube Music Premiumのモバイルアプリ

 このサービスは、4月にコードネーム「Remix」の新音楽サービスとしてうわさされていたものだ。

 公式ブログには説明がないが、YouTubeから説明を受けた米CNETによると、Google Play Musicは将来的にはなくなるという。それまでに、Google Play Musicの特徴であるクラウドへの音楽データの保存機能などをYouTube Music Premiumにも追加する計画。現行のGoogle Play Musicユーザーは、これまでに蓄積したデータを新サービスに移行できる見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -