ニュース
» 2018年06月26日 11時37分 公開

米VC大手a16z、暗号化関連企業支援の3億ドルファンド立ち上げ Mt.Gox事件捜査責任者をパートナーに

シリコンバレーのVC、Andreessen Horowitz(a16z)が暗号化関連技術企業を支援する3億ドルファンド「a16z Crypto」を立ち上げ、担当チームに元司法省検察官でMt.GoxやSilk Road事件の捜査を指揮したキャスリン・ハーン氏をジェネラルパートナーとして迎えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米ベンチャーキャピタル大手のAndreessen Horowitz(a16z)は6月25日(現地時間)、初の暗号化関連企業支援ファンド「a16z Crypto」の立ち上げを発表した。規模は3億ドル(約330億円)。

 crypto 1

 仮想通貨やブロックチェーンなどの技術に関連する新興企業を支援していく。仮想通貨は価値の上下が激しいが、ジェネラルパートナーのクリス・ディクソン氏は発表文で、長期的な視野で“忍耐強いアプローチ”で取り組むとしてる。暗号化の“冬の時代”が来ても投資を続けるという。

 このファンド立ち上げに合わせ、元米連邦政府司法省(DoJ)検察官のキャスリン・ハーン氏をジェネラルパートナーに迎えたことも発表した。同氏はDoJでは主に詐欺やサイバー犯罪を担当し、連邦政府初の暗号化通貨のためのタスクフォースを立ち上げ、Mt.Gox事件Silk Roadの犯罪捜査を指揮した。

 crypto 2 a16zにジェネラルパートナーとして参加するキャスリン・ハーン氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -