ニュース
» 2018年09月03日 12時00分 公開

“NEC×日本マイクロソフト”のタッグで「NEC 365」を開始 Microsoft 365の導入、運用、定着化をトータル支援

NECと日本マイクロソフトは、「Microsoft 365」と導入・運用支援サービスを組み合わせた「NEC 365」を共同開発し、NECの新サービスとして提供を開始。NECのノウハウを基に、15のサービスを提供し、導入企業が直面するクラウドサービス特有の課題解決を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

 NECと日本マイクロソフトは2018年8月30日、Microsoftのクラウドソリューション「Microsoft 365」の導入時に必要なサービスを組み合わせた「NEC 365」を共同開発したと発表した。同日より、NECで販売を開始した。

 NEC 365では「Windows 10」や「Office 365」が利用できるMicrosoft 365に加え、NECが約300社/100万ユーザーのOffice 365導入や、5000社の運用サービス実績で培ったノウハウを基に、導入企業の情報システム部門やエンドユーザーが直面するクラウドサービス特有の課題を解決する付加価値サービスを提供する。

Photo 「NEC 365」のサービスラインアップ
Photo 「NEC 365」が提供する5カテゴリー、15サービスの詳細

 Microsoft 365の導入から、運用、定着化までの課題を解決するサービスとして、スムーズな導入、利用、運用、保守に必要な機能を、「導入」「運用」「セキュリティ」「利活用促進」「利便性向上」の5カテゴリー、15サービスとして提供する。

 NEC独自のノウハウや知見を生かした「運用代行」サービスでは、更新頻度の高いMicrosoft 365の機能やサービスの更新情報を、日本マイクロソフトとの連携により、NECがタイムリーに把握、影響範囲を整理し、情報レポートを顧客に提供。パッチの最新化やライセンスの管理などを行う。

 また、「ファイル暗号化サービス」では、Microsoft 365では暗号化できないテキスト(.txt、.xml)やCADなどのさまざまな形式のファイル、クラウドストレージ「OneDrive for Business」内のファイルも自動的に暗号化が可能。

 「ヘルプデスクサービス」では、Office 365の操作方法や障害時の原因調査などに加え、Microsoft 365に含まれる「Windows 10 Enterprise」の導入や利用促進を支援。専用Webサイトや電話での24時間365日の問い合わせにも対応する。

Photo 「NEC 365」のサービス提供イメージ(画像出典:NEC「NEC 365」

 両社によると、2020年1月の「Windows 7」のサポート提供終了によるWindows 10への移行とともに、昨今の働き方改革の動きと連動し、クラウド型の情報共有基盤としてOffice 365を導入する企業が増加。また、ユーザー企業では、Office 365に含まれるチャットベースのチームコラボレーションツール「Microsoft Teams」など、新しいサービスの導入検討も加速しているという。

 一方、クラウドサービスは、利用状況の把握や更新される機能への対応など、情報システム部門にとって、オンプレミスとは異なる管理が求められると説明。

 NECでは、Windows 10デバイスからクラウドサービスまでをトータルに提供可能な“NECならではのサービス”としてNEC 365を提供することで、企業の課題解決を支援し、Microsoft 365の安全かつスムーズな導入、利用、運用を実現するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -