ニュース
» 2018年11月08日 15時00分 公開

橋梁、発電所、送電鉄塔などをドローンで精密点検――ソフトバンク、社会インフラ保全サービスを2019年春に開始

ソフトバンクは、老朽化が進む社会インフラの保守点検向けに、2019年春から「ドローンによる社会インフラ保全サービス」を開始する。設備をドローンで撮影して3Dモデル化することで、人の立ち入りや目視が難しい場所も高精度に確認できる。

[金澤雅子,ITmedia]

 ソフトバンクは2018年11月7日、産業や生活の基盤として整備された施設の老朽化対策として、「ドローンによる社会インフラ保全サービス」を開発し、2019年春から提供すると発表した。

 同サービスは、橋梁や発電所、送電鉄塔、大型プラントなどの設備をドローンで撮影して3Dモデル化することで、効率的な点検、維持管理を支援するもの。

Photo 携帯電話基地局での測定の様子。ドローンで基地局を撮影

 北米で通信事業者向けに携帯電話基地局の点検ソリューションを展開する米5×5 Technologiesの技術を用いる。同社は、ドローンで撮影した画像と位置情報をひも付け、実測値との誤差がわずか数ミリの高精度な3Dモデルを生成する独自の技術を有する。

 ソフトバンクでは、2018年8月に5×5 Technologiesに約400万ドルを出資し、同技術の日本国内での独占使用権と販売権を取得。同技術をベースに、日本市場のニーズに合わせたサービス化に向けて同社と連携していくとしている。

Photo 撮影した画像に高精度な位置情報を付与
Photo ドローンで撮影データから高精度3Dモデル(距離誤差:1〜5ミリ、角度誤差:0.04〜0.56度)を生成し、計測した画像からゆがみや傾きを確認

 今後は、生成された高精度3DモデルとセンシングデータをAIで解析し、さびや亀裂、ボルトの緩みや欠落、内部欠陥などを自動で検知するなど、点検業務を効率化するサービスの開発も進めていく。

 また、高精度3Dモデルを活用したシミュレーションによる災害発生時の被害予測や予防保全など、社会インフラの長期的、戦略的なメンテナンス計画の策定を支援するサービスの提供も予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -