Tips記事
» 2000年09月06日 00時00分 UPDATE

シンボリックリンクって何?

[ITmedia]

 Windowsでいうショートカットのような役割を持っているのがシンボリックリンクだ。

 例えば,とても深い階層にあるディレクトリにアクセスする機会が多い場合には,次のように設定しておけば,キー入力を減らすことができる。

$ ln -s /www/bsd/home/user/ ./bsd

 上記は,/www/bsd/home/user/ディレクトリを,/bsdとして関連付ける設定だ。

$ cd /www/bsd/home/user/

 通常であれば,上記のように入力しなければならないものが,「cd bsd」と入力するだけで済んでしまう。また,ユーザーによる設定以外にも,このシンボリックリンクはシステム上でも多用されている。

 例えば,ランレベル別のサービス起動設定には,Linuxの場合次のようなディレクトリ構造でシンボリックリンクされている。

 /etc/rc.d/内には,次のようなディレクトリが含まれているが,サービスを起動するプログラムの実体は,init.d/の中にある。

$ ls -l
total 56
drwxr-xr-x   2 root  root         4096 Aug  9 19:12 init.d
-rwxr-xr-x   1 root  root         2881 Sep 21  1999 rc
-rwxr-xr-x   1 root  root         1049 Aug  8 19:42 rc.local
-rwxr-xr-x   1 root  root        12864 Oct 12  1999 rc.sysinit
drwxr-xr-x   2 root  root         4096 Jul 10 17:28 rc0.d
drwxr-xr-x   2 root  root         4096 Jul 10 17:28 rc1.d
drwxr-xr-x   2 root  root         4096 Jul 10 17:28 rc2.d
drwxr-xr-x   2 root  root         4096 Jul 10 17:28 rc3.d
drwxr-xr-x   2 root  root         4096 Jul 10 17:28 rc4.d
drwxr-xr-x   2 root  root         4096 Jul 10 17:28 rc5.d
drwxr-xr-x   2 root  root         4096 Jul 10 17:28 rc6.d

 例えば,ランレベル3の時に実行されるサービスはrc3.d/の中にあり,init.d/内のプログラムへシンボリックリンクされている。

 これにより,ランレベル別の個々のディレクトリ内には,起動させたいサービスだけをini.d/へシンボリックリンクしておけばよいのだ。

$ ls -l
total 160
-rw-r--r--   1 root  root       1742 Aug  9 19:03 1
-rwxr-xr-x   1 root  root       1231 Sep 21  1999 apmd
-rwxr-xr-x   1 root  root        827 Sep 10  1999 arpwatch
-rwxr-xr-x   1 root  root       1871 Feb 19  2000 atalk.init
-rwxr-xr-x   1 root  root        989 Aug 17  1999 atd
-rwxr--r--   1 root  root       1024 Oct 22  1999 canna
-rwxr-xr-x   1 root  root       1031 Sep 11  1999 crond
-rwxr-xr-x   1 root  root       7386 Sep 21  1999 functions
-rwxr-xr-x   1 root  root       1261 Sep 24  1999 gpm
-rwxr-xr-x   1 root  root       3164 Oct  5  1999 halt
-rwxr-xr-x   1 root  root        865 Dec 18  1999 httpd
〜以下略〜

 シンボリックリンクされている状態は,「ls -l」などと指定してみると把握できる。

 以下は,rc3.d/ディレクトリ下の状態だ。すべてシンボリックリンクであり,実体はinit.d/にあることが分かる。

$ ls -l
total 0
lrwxrwxrwx   1 root root   15 Feb  1  2000
  K10pulse -> ../init.d/pulse
lrwxrwxrwx   1 root root   13 Feb  1  2000
  K10xfs -> ../init.d/xfs
lrwxrwxrwx   1 root root   13 Feb  1  2000
  K20nfs -> ../init.d/nfs
lrwxrwxrwx   1 root root   16 Feb  1  2000
  K20rstatd -> ../init.d/rstatd
lrwxrwxrwx   1 root root   17 Feb  1  2000
  K20rusersd -> ../init.d/rusersd
lrwxrwxrwx   1 root root   15 Feb  1  2000
  K20rwhod -> ../init.d/rwhod
lrwxrwxrwx   1 root root   18 Feb  1  2000
  K30sendmail -> ../init.d/sendmail
〜以下略〜(※折り返し整形をしています)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -