Tips記事
» 2001年08月08日 00時00分 UPDATE

パスを追加したい〜.bashrc編〜

[木田佳克,ITmedia]

 「手軽にパスを追加したい」Tipsでは,その場限り(ログイン中あるいは次のパス設定まで)の,実行コマンドを捜査するためのパス追加方法を紹介した。

 ここでは,次回のログイン時にも有効になるよう追加したいパスを保存しておく方法を解説しよう。

 シェルにbashを利用している場合,ホームディレクトリに「.bashrc」という隠し属性(ドット)ファイルがある。このファイルをviエディタなどで読み込んで,次のように編集すればよい。

$ vi ~/.bashrc
# .bashrc

# User specific aliases and functions

alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
. /etc/bashrc
fi

PATH="$PATH":/usr/local/postfix  ←追加

 上記のように「PATH=....」文を追加すればよい。これは「"$PATH"」現状のパス設定を保持したままで,「:」に続くパス(ここでは,/usr/local/postfix/ディレクトリ)を追加する意味になる。

 ちなみに,csh/tcshシェルでは「setenv PATH "$PATH":/usr/local/postfix」という構文になる。

 設定内容をすぐに反映したい場合には,次のように指定すればよい。ただし,実行しなくても次回のログイン時には有効になってる。また,反映されているかどうかを確認するためには,プロンプト上で「set|grep PATH」と入力すればよい。

source ~/.bashrc

関連Tips
◆ LANG変数はどこに設定すればよいのか?
◆ 頭にドットが付いているファイルの役目を知りたい
◆ 環境変数って何?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ