Tips記事
» 2001年11月14日 00時00分 UPDATE

システム設定ファイルを知ろう〜/etc/aliases〜

[木田佳克,ITmedia]

 /etc/aliasesファイルは,Sendmail用のエイリアス(別名)を行う設定ファイル。ほかにもSendmail互換のPostfixで設定ファイル(main.cf)に定義すれば,/etc/aliasesファイルを利用することも可能だ。qmailなどのMTAを利用している場合には無効となる。

 ファイル内の書式は非常に単純であり,

root: hoge

といった1パターンである。上記の例では,root宛てのメールがhoge(アカウント)に回送されることを意味する。動作しているサーバのドメイン名がzdnet.co.jpであれば,root@zdnet.co.jp宛がhoge@zdnet.co.jpに回送されるという意味だ。また,

root: hoge@example.com

という指定であれば,root宛てのメールを外部ドメインのメールアドレスに回送させることも可能だ。さらに,

hoge: "|/usr/bin/programname"

などと指定すると,特定のプログラムを動作させることもできる。メーリングリストを実現する「fml」や「majordomo」などは,この仕組みを利用している。

 参考までに,/etc/aliasesファイルの初期設定状態を挙げておこう(例:Red Hat Linux 7.2)。

$ cat /etc/aliases
#
# @(#)aliases 8.2 (Berkeley) 3/5/94
#
#Aliases in this file will NOT be expanded in the header from
#Mail, but WILL be visible over networks or from /bin/mail.
#
# >>>>>>>>>>The program "newaliases" must be run after
# >> NOTE >>this file is updated for any changes to
# >>>>>>>>>>show through to sendmail.
#

# Basic system aliases -- these MUST be present.
mailer-daemon:postmaster
postmaster: root

# General redirections for pseudo accounts.
bin:root
daemon: root
adm:root
lp: root
sync: root
shutdown: root
halt: root
mail: root
news: root
uucp: root
operator: root
games:root
gopher: root
ftp:root
nobody: root
apache: root
named:root
xfs:root
gdm:root
mailnull: root
postgres: root
squid:root
rpcuser:root
rpc:root

ingres: root
system: root
toor: root
manager:root
dumper: root
abuse:root

newsadm:news
newsadmin:news
usenet: news
ftpadm: ftp
ftpadmin: ftp
ftp-adm:ftp
ftp-admin:ftp

# trap decode to catch security attacks
decode: root

# Person who should get root's mail
#root:marc

 注意しなければならないのは,設定ファイル(/etc/aliases)を変更しただけでは有効にならない点だ。

# vi /etc/aliases

などとして編集した後は,設定内容を反映させるためには次のコマンドを実行しよう。別に用意されているシステムで認識するデータベースファイルに内容を反映させる必要がある。

# newaliases

・関連Tips
ボタン メールサーバを動かしたい〜Postfix編〜

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -