Tips記事
» 2002年06月14日 00時00分 UPDATE

239.255.255.250からの不正アクセスが多い

[今藤弘一,ITmedia]

 WindowsMeやWindowsXPにZoneAlarmBlackICE DefenderなどのIDS/ファイアウォールを導入したり、家庭内にあるLinuxサーバでSnortを利用している場合、「239.255.255.250」からの不正アクセスを検知することがある。これはWindowsXPが利用している「ユニバーサルプラグ&プレイ」(以下、UPnP)が、ほかのUPnP対応機器を検索するために送信しているパケットだ。詳しくは「UPnP Forum」のWebサイトに掲載されている情報を参照してほしい(英語)。

画面
Linuxに導入しているSnortが検知したUPnPによるアクセス

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -