連載
» 2008年09月05日 12時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるITアーキテクト (2/6)

[岩崎浩文(株式会社豆蔵 BS事業部 エンタープライズビジネスグループ ),@IT]

1分 − ITアーキテクトは業務システムの航海士

 ITアーキテクトとは、業務システムのITアーキテクチャを考え、具体的な解決策、つまりシステムの在り方や作り方を提示する技術者のことです。

 ITアーキテクチャとは、日本語に訳すと「ITシステムの設計様式」「ITシステムの構造」といったところです。システムとは「複数の要素が集まって、全体として特定の機能を持つもの」ですから、業務システムを構築するとき、目的に合致した最適な技術要素の組み合わせ──がITアーキテクチャだと考えればいいでしょう。ITアーキテクトはITアーキテクチャを考え、方向性を決める人材です。

 「方向性を決める」というのは、実装(ソフトウェアやハードウェア、ネットワークなどを実際に組み立てる作業)を含まないという意味です。設計上のコンセプト(概念、思想)を作り上げる人だというわけです。

 もう少し公的な定義もあります。ITアーキテクトとは経済産業省、および独立行政法人情報処理推進機構が推進する、ITスキル標準(ITSS)で定められた数あるIT職種の1つです。

 ITアーキテクトは、経営や業務が抱える課題に対して、情報技術を駆使して具体的な解決策を検証・提案する存在です。将来的に発生が予測される技術的なリスクについても、事前に分析します。その解決策が採用されれば、システム開発プロジェクトにおいて、技術的な面からさまざまな技術者を指導・監督する立場でもあります。

 つまり、企業が必要とする情報システムをその経営方針にのっとる形で構想し、具体的に構築して動かすまでの方策を示す人というわけです。たとえるなら、情報システムに関する航海士といえるかもしれません。航海士は、広い海でも間違いなく船舶を目的地に導く特殊技術者です。ITアーキテクトも移り変わりの激しい情報技術の動向をかんがみながら、企業が必要とする情報システムを安全に導くのです。これは情報システムの規模が大きく、多数の人がかかわるプロジェクトになるほど、困難かつ責任の重い任務を負うことになります。

ALT 図1 進むべき向きを指し示すのがITアーキテクトの役割

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ