連載
» 2008年09月05日 12時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるITアーキテクト (4/6)

[岩崎浩文(株式会社豆蔵 BS事業部 エンタープライズビジネスグループ ),@IT]

3分 − ITアーキテクトの各専門分野

 ITSSでは、ITアーキテクトが活躍する領域として3つの専門分野を想定しています。[2分]で紹介した11のスキルはそれら専門分野の中で生かされる基礎的なスキルであって、さらにITアーキテクトは次の各専門分野の固有スキルを身に付けることが求められます。各分野の専門家として機能要件定義、アーキテクチャ設計、そしてその実現可能性を判断する能力が期待されるというわけです。

アプリケーションアーキテクチャ専門分野

 アプリケーション──すなわち、業務処理を目的に作成されるソフトウェアに関するアーキテクチャ周辺に特化した分野です。ビジネス上の課題を分析し、それを解決する機能要件を定義して、アプリケーションコンポーネント構成や論理データモデルなどを設計し、その実現可能性を評価します。

ALT 図3-1 アプリケーションアーキテクチャは、個別の業務システムの構成を表す

インテグレーションアーキテクチャ専門分野

 複数のシステムやアプリケーションを連携させて、協調動作させることに特化した分野です。部門間の利害関係などの制約を踏まえて統合要件を定義し、フレームワーク構造や相互運用性を考慮して統合アーキテクチャ設計、その実現可能性を評価します。近年ではSOAというテーマで語られることの多い分野です。

ALT 図3-2 インテグレーションアーキテクチャは、全社的なシステム構成を表す

インフラストラクチャアーキテクチャ専門分野

 主に非機能要件部分──つまり性能や信頼性・保守性など、機能要件以外の部分に特化した分野です。将来性などを踏まえたインフラストラクチャ要件を定義して、ソフトウェアやハードウェア、ネットワークが複雑に絡み合うインフラストラクチャアーキテクチャを設計し、その実現可能性を評価します。

ALT 図3-3 インフラストラクチャアーキテクチャは、全社的システム基盤の構成を表す

 このようにITアーキテクトに求められるスキル・知識は、非常に広いものです。しかもITアーキテクトとして活躍するために必要な技術は、これまでのITの集大成ともいうべき膨大で複雑なものとなっています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -