ニュース
» 2004年01月07日 19時03分 UPDATE

2ちゃんねるへの書き込みやWinMXの利用が制限できる「One Point Wall」

ネットエージェントは、既存のファイアーウォールに追加する形で設置できるコンテンツブロックサーバ「One Point Wall」の販売を1月27日より開始する。

[RBB Today]
RBB Today

 ネットエージェントは、既存のファイアーウォールに追加する形で設置できるコンテンツブロックサーバ「One Point Wall」の販売を1月27日より開始する。

 One Point Wallは、

  • 2ちゃんねるへの書き込みが制限できる「One Point Wall 2ちゃんねる書き込み」
  • SoftEtherでの通信がブロックできる「One Point Wall SoftEther」
  • WinMXの利用を制限する「One Point Wall WinMX」
  • ファイナルファンタジーXIのログインをブロックする「One Point Wall FFXI」

の4つのパッケージが用意されている。価格は、いずれも98,000円/100デバイス。

 さらにユーザが希望する条件の設定や複数のパッケージを組み合わせる「One Point Wall カスタム」も利用できる。こちらは、248,000円より。

 利用するには、CD-ROMブートが可能でNICが2枚搭載されたPCが必要。One Point Wallは、このPCからCD-ROMブートすると利用できるようになる。なお、One Pont Wallを導入した際のネットワークの遅延は0.05ms、スループットの低下は5%程度。

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう