ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年03月03日 13時34分 公開

BIGLOBEがギャルゲーを開発する理由 (2/2)

[新崎幸夫,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 「Let's 浜茶屋」では、なまじファイルをコンパクトにまとめたために、違法コピーによってソフトがまるごと交換されてしまう危険性がある。

 このため、著作権保護の部分には気を使っていると伊藤氏は話す。「バイナリファイル自体をエンクリプティングしてしまうか、それともファイルにアクセスするキーを用意して、このキーを注意深く扱うのか。どのレベルの対策を講じるか、検討しているところだ」。

Photo “18禁”ゲームでないが、随所にセクシーカットも用意されている

なぜ今、自社開発するのか

 BIGLOBEでは、ほかのゲームメーカーが開発したソフトを紹介し、課金インフラを提供するなどして、収益を上げている。なぜ今回、わざわざオリジナルゲームの開発に踏み切ったのだろうか。

 伊藤氏は、前者はローリスク・ローリターン、後者はハイリスク・ハイリターンのビジネスモデルだと話す。「(自社開発の場合)確かに製作費はかかるが、流通まで一手に握って展開すれば、利益も大きい」(同氏)。両方を混在させることが重要、と判断したという。

 同氏はまた、「BIGLOBEとしては、(美少女ゲームの開発・配信は)それほど例がないかもしれないが、NECとして見れば、PCエンジン時代からのノウハウがある」と説明する。

 新しいことに一から取り組む……というわけではなく、かつて手がけたことを、ブロードバンドという新しいインフラで試みるだけとした。

Photo 次女の「汐里渚」。幼い頃は元気が過ぎたが、今は一見落ち着いているという

人気が出るキャラは?

 最後に、ゲームに登場する4姉妹のうち、どのキャラクターが人気が出そうか、伊藤氏に分析してもらった。

 同氏は、やはり1番人気は次女の「汐里渚」(17)ではないかと予想する。空手二段の腕前で気が強く、主人公をよびすてにするというキャラクターだ。主人公の幼なじみで、年齢も近いため「本命」として認識されやすい。

 ただ、次に人気が出るのは4女の「汐里みさき」(10)ではないかとも。少し甘えん坊でわがまま、ドジな面もあり、失敗も多いというキャラクターだ。主人公のことは、「お兄ちゃん」と呼んで慕っているという。

 伊藤氏は、近年の傾向として、ユーザーの美少女キャラクターの好みは多様化する傾向があるとも付け加える。ゲームとしては、細分化するニーズにどう応えるかが重要、とのことだった。

Photo 4女の「汐里みさき」。典型的な“萌え系”キャラだ。公式サイトでは、現在「渚」「みさき」のCFムービーが公開されている

(C) NEC Corporation 1995-2004



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.